« これってカブトガニ?? | トップページ | かたづけられない症候群 »

かなしいうた。

かつて、「君の音楽の好みは掴み所がない」と言われた僕ですが、
最近、昔の歌謡曲に凝っていて、
自前のCDやレンタルCDでよく聴いています。

弘田三枝子『ヴァケーション』や中尾ミエ『可愛いベイビー』のハツラツとした歌声、
金井克子『他人の関係』や黒沢年男『時には娼婦のように』のエロ過ぎる歌詞、
それから歌謡曲作曲の巨匠、筒美京平大先生による
太田裕美『木綿のハンカチーフ』や岩崎宏美『未来』なんか、
いいですねー。

中でも、最近の僕の心を打つのは、
モーニング娘や宇多田ヒカルの登場にも動じず、
今なお、日本一売れた曲の地位を守る(たぶん)あの曲、
そう、子門真人『およげ!たいやきくん』!!!

 

日本人なら誰でも知っているとは思いますが、
この曲の歌詞のあらすじを書いておきます。

「毎日毎日、
 鉄板の上で焼かれる生活に嫌になっちゃった“たいやきくん”は、
 ある朝、店のおじさんとケンカして、海に飛び込んだのでした。

 海での生活は、毎日毎日、楽しいことばかりでしたが、
 ある時、空腹のあまり食いついてしまったのは、
 見知らぬおじさんの釣り針でした。

 『やっぱり僕はタイヤキさ、少し焦げあるタイヤキさ』

 そして“たいやきくん”は、
 おじさんにうまそうに食べられてしまうのでした。』

 

・・・。

こんな絶望に満ち満ちた歌を、僕は未だかつて知りません。

よーするに、ダメなヤツは何やってもダメってこと?
こんな夢も希望もない歌を流していた、
子供向け番組『ポンキッキ』って一体・・・。

まるで僕の未来を暗示しているようだぜ。ぎゃはは。

|

« これってカブトガニ?? | トップページ | かたづけられない症候群 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントさせていただきます。
歌謡曲がお好きならば、渚ようこさんをお勧めします。
渚さんはお若いながらも歌謡曲を愛する方で
昔の歌謡曲をカバーしたりしているのですが、
オリジナル曲も昭和風味たっぷりな歌謡曲調で、
歌唱力は抜群です。
でも、彼女が歌っているものは
ちょっとマニアックかもしれません。

投稿: よしこ | 2007年1月 9日 (火) 午前 01時45分

よしこさん、
初めまして。
記念すべきこのブログへの初コメント
ありがとうございます。


古き良き昭和歌謡への愛情を感じさせる
最近のミュージシャンといえば、
椎名林檎さんとか、クレージー・ケン・バンドなんかが思い浮かびますが、
渚ようこさんという名前は初めて聞きました。

今、渚さんのホームページを見てきたのですが、
化粧がすごくてお若いのかどうか分かりませんでした(笑)
面白そうなので、機会があれば聴いてみたいと思います。

投稿: べえし | 2007年1月 9日 (火) 午後 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198893/4854665

この記事へのトラックバック一覧です: かなしいうた。:

« これってカブトガニ?? | トップページ | かたづけられない症候群 »