« ビッグ・ニュース!!! | トップページ | いい映画(BlogPet) »

筋肉少女帯の“仲直り”に寄せて

うおー!

オレは坂上二郎だー!!

オレを“二郎さん”と呼べー!!!

 

冗談はさておき、

僕がかつて好きだったバンド、“筋肉少女帯”が

「仲直り」という名の再結成をするらしいです。

筋肉少女帯は今でもけっこう根強いファンがいるらしく、

それどころか、僕より若いファンまで今でも開拓しているようで、

けっこう盛り上がってる人もいるみたいです。

僕は今の筋肉少女帯には、そりゃちょっとは興味はあるけど、

はっきり言って、大した期待はしていません。

再結成後のライブDVDが出るらしいけど、全く買う予定なし。

ということで、この件に関して僕は、

 

黙して語ることがなかったのであったぁぁぁ!!

 

ではあんまりなので、

なぜかつて好きだったけど、今では好きでなくなってしまったのか

語ってみたいと思います。

 

 

確かに

「筋肉少女帯はかつて良かったけど、その後ダメになった」

という人は少なからずいます。

でもその多くは

“天才”とまで言われるピアニスト

「三柴江戸蔵」こと三柴理が脱退したことを理由にする、

主にプログレ的見地(?)によるもののようです。

僕が言いたいのはそんなことではありません。

三柴脱退後もしばらくは、筋肉少女帯は素晴らしいバンドだった。

いや、今でもけっこうイイバンドかもしれない。

でも、僕は筋肉少女帯のある変化が我慢できません。

その変化とは?

それは大槻ケンヂの歌詞。

 

とりあえず歌詞に注目しつつ、

初期の代表曲『釈迦』のPVを見てください。

ひたすら悪趣味で意味のない映像。

何でこんなことになるかというと、

おそらく歌詞の意味がよく分からないからでしょう。

 

“アンテナ売り”というあまり聞かない職業の人(男?)と

博物館の成金の孫である娘。

アンテナ売りは屋根から滑り落ち、娘の上に。

電波がシャララシャカシャカ。

釈迦はいい人だったから、

ドロロの脳髄。

けっこうイイ人だったから

ドロロの脳髄。

 

なんだこりゃ。

 

この曲にはいくつかヴァージョンがあり、

歌詞も数種類あるようですが、

おおざっぱに言えば内容は同じといえるでしょう。

書いてる本人は、それなりに意図があるつもりでしょうけど、

聞いてるほうには、

一つ一つの言葉の繋がりも、意味もよく分からない。

何でいきなりアンテナ売りなのか。

何で釈迦なのか。

脳髄ドロロで電波がシャカシャカ?

そもそもこのストーリーともいえないストーリーは何なのか?

こんなんじゃ、曲の内容に沿ったPVなんか作れっこありません。

そりゃそうだ、内容がないんだから。

 

別にけなしてるんじゃありません。

この混沌が素晴らしいんです。

この意味不明な歌詞に、

自ら「暗かった」と言う若き日のオーケンの

不安、苦悩、怨念、その他さまざまな、

言葉にならない、でも言葉にしたらこうなったという

ゆがんだ感情がにじみ出ていると思うのです。

今、「内容がない」とか言いましたが、

それは言葉のあやというもので、そんなことはないんです。 

「コレ!」とはっきり説明できるような、

簡単な内容ではない、ということです。

人間けっこう矛盾する感情を抱きつつ、生きているもの。

その矛盾を矛盾のまま吐き出してしまう、混沌とした初期衝動。

これぞ“詩”だと思うのです。

 

それがこのPV『暴いておやりよドルバッキー』ではどうでしょう。

曲は悪くない。

ハードロック、あるいはメタルとも言われる筋肉少女帯ですが、

音楽は初期も、三柴脱退後も一筋縄ではありません。

この曲ではスラッシュなんかより、ファンクを感じさせる、

早いギターカッティングや、

僕の好きなベーシストの一人でもある内田雄一郎の、

繰り返されるベースラインがステキです。

『釈迦』と比べると、

むしろこちらのほうがテンションの高い、良い演奏だと思います。

『釈迦』は音質も悪いしね。

では歌詞は?

 

いきなり「この世のキレイゴトを暴く」という

とても分かりやすいテーマが述べられてしまいます。

その後も

「その愛はホンモノか?」だの「夢はホントに叶うか?」だの、

けっこう誰でも思いつきそうなオハナシ。

それを肉球がどうのこうのとか、オーケン一流の形容でくるみ、

“ドルバッキー”なるへんな名前の猫を登場させるってのは、

はっきり言って、奇をてらったあざとささえ感じて、

僕は赤面してしまうのです。

この曲は特に分かりやすい内容だと思いますが、

他も似たり寄ったり。

あと、ちょっとした小説風な歌詞も最近は多いんでしょうか。

あまり知らないけど。 

 

 

この変化は三柴脱退とはリンクしてなくて、

『サーカス団パノラマ島へ帰る』あたりから、

なんとなぁ~く、ポロポロと、感じられることがあったけど、

それでも『月光蟲』あたりまでは、詞も曲もかっこよかった。

でも、『エリーゼのために』でおや? と思い、

『UFOと恋人』を最後に、筋肉少女帯は聴いてません。

その後のオーケン関係では、

“特撮”の1st、“電車”の2nd(たぶん)なんかを聴いたけど、

やっぱダメでした。

 

いや、曲はけっこういいんだけどねー・・・

 

オールタイム・ベストアルバム 筋肉少女帯 復活究極ベスト“大公式” Music オールタイム・ベストアルバム 筋肉少女帯 復活究極ベスト“大公式”

アーティスト:筋肉少女帯
販売元:トイズファクトリー
発売日:2007/03/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

“仲直り”記念で発売される、
インディーズ時代から現在までの、
すべてを網羅したベスト盤だそうです。
僕は買いませんけど(笑)

|

« ビッグ・ニュース!!! | トップページ | いい映画(BlogPet) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。私も筋少好きでした。そして今は興味がありません。
それはオーケンの詩によるところが大きい、というのも同意です。歌い方も昔のほうが好き。
いやまあ40にもなって20のときと同じように歌うのは無理だとわかるのだけどほんとその歌唱法や詞には「赤面」しちゃいますね。
あざとい。気取ってる。こびてる。小手先。
そんな風に感じられて。

オーケンをけなすためにコメントしたんではなくてなんか意気投合できそうーと思ったので。
今回の「映画」のブログでも私もほとんど映画見てないし2時間近く集中力がもたない。っていうのも同じだーって感じられたので。

良かったらこちらにも遊びに来てください。(* ^ー゚)ノカマッテ

投稿: せこ | 2007年3月15日 (木) 午前 11時47分

お~。
同じようなことを考えてた人がいるのですね。
いや、はじめまして。

昔が良かった、なんてのはかっこ悪いと思うので、
あんまり言いたくないが、
やっぱ、オーケンの歌詞は昔のほうが良かったぜ!!
むしろ、こういうことを言う人が
あんまりいないことのほうがおかしいぜ!

今日の文面を見たところ、
どうもかなりご立腹の様子。
僕は腹が立つ前に、筋少を聴かなくなったので、
それほどでもないですけど。
歌い方ってのはどうなんですかね?
叫ぶ率は多少減ってるのかなって気はしますけど、
あんまり聴いてないので、よく分かりません。
今度、ゆっくりご意見を聞かせてもらいたいですね。

投稿: べえし | 2007年3月15日 (木) 午後 04時30分

昔の記事に書き込みすみません。
実は、こちらが書かれた当時 書き込もうか迷っておりました。
もし ご存じでなかったのなら…と
思い書き込ませていただきます。

「釈迦」は
当初の歌詞は
「娘」は「気が違ってて」
「待ちかまえてた娘の上に音を立てて落ちる
割れた娘の頭から 弾けるノウズイ」
というものでした。
なので「ドロロの脳髄」につながります。
(インディーズでは「とろろの脳髄」だったはずです…たしか。)
ところが、
基地外とか頭が割れてとかが規制されて
歌詞を改定しなくてはならなくなりました。
(今では、「ライヴVerだと歌詞が違う」「いくつかVerの違う歌詞がある」という認識のようですが、規制がかかったのが本当の理由のようです。なので知っている人は「一番古い歌詞」と呼んだりします。)
それも、パッとしないゆるい曲になってしまった理由でもあると思います。
ちなみに、ナゴムのとろろでは、歌詞はこれになっていて
エディさんも参加していたはずです…。

もしご存知でしたら余計なことで、すみません。
…ですが、歌詞には意味は特にないのではないでしょうか?
釈迦に関しては勢いという感じも見受けられるので…。
ですが、おっしゃるように書いている本人は意味があるのかもしれませんね。

ただ、ノウズイのところや基地外とか書いているオーケンの方が自由で好きでした。
ブルーハーツのように、「きちがいあつかいされた日々」をギターで濁すようなことをすればよかったのかもしれませんが、
歌詞の場所が場所なのと、ちょっと…な歌詞なので、変えざるをえなかったのではないでしょうか?


昔のオーケンとか知ってると、
「僕の歌を総て君にやる」とかバッドトリップしていた状態の危うい感じとかが、結構よかったなーと振り返りますが…。
今の時代では
「NHKへようこそ」?とか「絶望先生」?とか
アニソンも手掛けていて方向性がなんかなーという感じに
なってしまっていて、あまり魅力を感じない…
(友達とかは、絶望先生の歌は良いと言っていましたが^^;)
のは同意です…。


長文失礼いたしました。
削除していただいて全然かまいませんので。
失礼いたします。通りすがりでした。

投稿: 通りすがり | 2013年5月20日 (月) 午前 02時29分

すみません!

予想以上に長かったです…!
こんなに長いとは…
申し訳ないです。

消してくださって結構です。
本当にすみません。

投稿: 通りすがり | 2013年5月20日 (月) 午前 02時31分

通りすがりさん、
こんな古い記事にコメントくださって、ありがとうございます!!!
この記事が書かれた当時から書き込もか迷っていたって、
2007年から?
…!!!
本当にありがとうございます。
 
『釈迦』の古い歌詞、知っております!
やっぱりナゴムの頃の歌詞は刺激的でいいですよねー。
『孤島の鬼』や『猿の左手』なんかのあの感じ、たまらんなー。
 
いや、僕は『釈迦』は、
ナゴム時代でも、『大車輪』に収録されている『大釈迦』でも、
歌詞はそこそこ好きなんです。
僕が気になるのは『大車輪』よりもうちょっと後くらいからの歌詞なんですよね。
なんと言うか、
歌詞をちゃんとまとめようとしてる感じ?
テーマみたいなのを明確に作って、
そのテーマがみんなに分かるように気遣いして書いているような…
 
まー「歌詞に意味がない」というのは誤解を招く言い方かもしれません。
僕も『釈迦』やら昔の筋少の歌に感じるところがあるから、
筋少が好きだったんです。
それに、
今も昔も同じように、
オーケンはあれこれ考えて歌詞を書いているのかもしれない。
でも、うーん、
なんというか最近の歌詞には「閃きや直感が足らん!」という気がします。
意味はこっちで考えるから、もうちょっとテキトーに歌詞を書いてほしいなーと思います。
同じことは通りすがりさんが名前を出している、ブルーハーツなんかにも感じます。
昔はあんなにかっこよかったのに…
 
いやしかし、
ブログにコメントが付くというのは嬉しいものですね。
自分のブログを改めて読むのは超絶恥ずかしいが…
何書いてんだ、おいらは。
 
と、負けずに長いコメント返しをしてみました。

投稿: べえし | 2013年5月21日 (火) 午後 09時52分

うう、
久しぶりすぎて書き方忘れた…
どうして行間が開けられないんだ…
 
 
読みづらくてすみません…

投稿: べえし | 2013年5月21日 (火) 午後 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198893/5651031

この記事へのトラックバック一覧です: 筋肉少女帯の“仲直り”に寄せて:

« ビッグ・ニュース!!! | トップページ | いい映画(BlogPet) »