« 七夕(今日のテーマ) | トップページ | 単独で耽読してマン喫を満喫。 »

グエッとムルムル。

グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション DVD グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2007/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これ、レンタルしてみました。

少し前によくテレビで宣伝してましたよね。

真昼間に不気味な怪物が大暴れして、

制服着た少女が尻尾みたいなのでピュルッと引っ掛けられて。

あの少女が「ショエーッ!」って感じで吹っ飛んでるのが

僕にはすごく滑稽に見えて、

「これ、ひょっとして笑える映画なんじゃないの?」

って一度見てみたいと思ってたんです。

 

結果、僕の目に狂いはなかった!

怖い映画のふりして笑い満載。

でも笑えるだけじゃなくて、まーニンともカンとも、ニンニン、

って感じ。うーむ。なんだこりゃ。

でも、とりあえず楽しめました。

 

とりあえず簡単にあらすじを紹介すれば、

川から突然現れた不気味な巨大怪物“グエムル”に一人の少女がさらわれ、少女の家族が警察なんかも敵に回しつつ、グエムル退治と少女救出に向かう、

って感じ。

これだけなら結構カッコイイ話に思えますが、

実は全然カッコよくないのです。

なぜならこの少女の家族がちょっとアホだから。

それどころか登場する人みんながアホっぽい。

おまけに主人公でもある少女の父親がすごくアホ。

みんなマジメにマヌケな行動をして笑わせてくれたかと思えば、

マヌケが過ぎて取り返しのつかない悲劇が起こったり。

もーこーなると笑えばいーのか、悲しめばいーのか。

 

細かく見ればとにかくいろいろ突っ込みたくなる映画ですが、

とりあえず大きなところに突っ込んでみようと思います。

“家族”が少女を救出しようとする、とか書きましたが、

この“家族”構成は何なんだ。

少女の父親、そして祖父までは良しとしよう。

残りは父親の妹と弟、つまり少女の叔母と叔父なのです。

叔母は母親、叔父は兄とかで全く問題ないと思うのですが。

“姪のために命懸け”という人物が登場する物語を、

僕は未だかつて知りません。

  

それからこの映画のタイトル、

本国である韓国では単に『グエムル』らしいのですが、

これって韓国の人たちはどう感じるのでしょう?

最初、僕は“グエムル”が“ゴジラ”や“モスラ”のような、

この怪物の固有名詞だと思っていましたが、

昔ほんのちょっと韓国語を習ったことがあって、

ふと『グエムル』の本当の意味に気付きました。

“グエムル”とはそのものずばり、“怪物”。

韓国では日本と同じように漢字も使いますが、

漢字で“怪物”と書いて“グエムル”と読むのです。
(正確には“クエムル”だと思うけど)

これって少々ストレートすぎてマヌケなのでは?

例えば、『リング』のタイトルが『ビデオ幽霊』だったら、

『13日の金曜日』が『お面殺人鬼』だったら、

みんなギャグ映画だと思ってしまうんじゃないでしょうか。

 

そんなことを考えるとこの映画、

始めからストレートに怖い映画にする気がなかったのでは、

という気がします。

だからと言って、

結局この映画が何をしたかったのかはさっぱり不明ですが。

とにかくこの映画のストレートではないヒネクレ精神、

好き嫌いは大いに分かれると思いますが、

僕は好きです。

2000円くらいで中古DVDを見つけたら買っちゃうかも。

 

ところで、こういったレヴューものの記事を書くとき、

ネットで他人の感想を調べたりすることがあるのですが、

この映画には韓国関連でつきものの日韓論争があるらしい。

何でもこの映画、日本アニメのパクリだとか。

検証記事を見させてもらいましたが、ど~なんでしょ?。

仮に映画の作り手にこのアニメが元ネタとしてあったとしても、

この程度なら許容範囲だと思います。

実際、騒いでるのはネットの一部の人だけみたいだし。

韓国の方々はこんな言いがかりは気にしないでください。

それより韓国の皆さんが気にすべきなのは、

この映画が記録的大ヒットしたことなのでは。

こんなヘンテコ映画が大ウケする社会はゼッタイおかしい!

|

« 七夕(今日のテーマ) | トップページ | 単独で耽読してマン喫を満喫。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

生きてますよ~。毎日チェックしてますって。コメント残さないだけで。早く顔出してくださいよ~。たぶん今週は土曜まで本社の人誰も来ないみたいです。おっぱっぴぃ~。
(この芸人大嫌いなのにネタが頭に残るんだよね。それがまたむかついちゃう・・・)

投稿: まゆき | 2007年7月11日 (水) 午前 05時54分

コメントを無理強いしたみたいで、申し訳なかったねぇ。

平日に野郎共が来ないってことは新人さんが入ったんでしょうか?
たまには遠出をするのも気分転換にいいかねぇ。

僕は桜塚ホニャララとか小梅チョメチョメとかがキライです。
エンタの○○って番組が嫌い、とも言い換え可。

投稿: べえし | 2007年7月11日 (水) 午後 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198893/7040667

この記事へのトラックバック一覧です: グエッとムルムル。:

« 七夕(今日のテーマ) | トップページ | 単独で耽読してマン喫を満喫。 »