« バトンのふりしてアイドル応援。 | トップページ | 夜更けのスキャット。 »

ことばおにいさん

まだアナログからデジタルに乗り換えていない、

貧しい諸君は知らないと思いますが、

デジタル放送ではなぜかNHKが3チャンネルあるのです。

NHK総合が1つと、教育が2チャンネル。

正確に言えば、時間によってNHK教育が

2チャンネルと1チャンネルに切り替わるらしい。

 

何かと批判する人も多いNHKですが、

僕はケッコウ好きなんです。

なんだかんだ言ったって、

NHKは民放に比べてまだまだ視聴率を無視していて、

まったり、個性的な番組群は僕にとって面白い。

それに民放ではあまりお目にかかれない、

駆け出しのアイドルなんかが主役を張る番組もあり、

ミーハーなオイラにはなかなか侮れません。

 

そんなわけで僕の部屋のテレビはNHKがつきっ放しで、

見る気のなかった番組まで見てしまうこともしばしば。

今日はそんな見る気もないのに見てしまう、

でもちょっと興味深い番組をご紹介しましょう。

 

『「ことばおじさん」のナットク日本語塾』

何曜日の何時から放送してるかは知りません。

見たくて見てるわけじゃないから。

見たい人は調べてください。

 

この番組は“ことばおじさん”を名乗る

けっこう年食ったおっさん(NHKのアナウンサー?)が、

視聴者からの言葉に関する疑問に答える、

というもの。

だいたいの場合、中年かそれ以上と思われる人からの、

「最近の若者言葉はおかしい!」という

クレームめいた疑問が多いのですが、

この番組の面白いところは、

そういった年配の方々のクレームを

同じくけっこう年配である“ことばおじさん”が、

やんわりと、でもことごとく否定していくところです。

 

例えば、

「“全然良い”みたいな言い方は間違いだろ!

 “全然~(否定・打消し語)”となるべきだ!」

という視聴者に(本当はもっと穏やかな物言いですが)、

「“全然”に否定・打消しの言葉が対応する、

 と言われるようになったのは最近のこと。

 夏目漱石の小説にも

 “全然良い”というような言い方が登場している。」

とことばおじさんが答える、というような塩梅です。

 

知らない人ほど知ったかぶりしたがるんだよねー。

言葉なんてのは時代によって変わっていくものであって、

その時代に通じる言葉が正しい言葉なのだ。

「昔の言葉が正しい」なんて言う人は、

『源氏物語』や『万葉集』や縄文人の言葉で喋ってほしい。

 

そもそも「若者言葉はけしからん!」なんて考える人は、

イコール「若者は流行に流されおって!」

という考えが根っこにあるんだろうけど、

そういう考え方が“年寄りの流行に流されている”

ということを知るべきだと思うのですが、

いかがでしょうか。

古代日本語母音論―上代特殊仮名遣の再解釈 Book 古代日本語母音論―上代特殊仮名遣の再解釈

著者:松本 克己
販売元:ひつじ書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« バトンのふりしてアイドル応援。 | トップページ | 夜更けのスキャット。 »

テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^

そだよね^^言葉って、その時代で変わっていくものね^^;;;wwww

きっと「今の若者の言葉は、乱れてるぅ~~><#」って目くじら立ててる人が、平安時代にタイムスリップすると・・・・
「むげに、いやしき言霊を吐きおじゃる。これ、おかしきことかな。成敗^^/」
「ぎゃーーーTT;w」
ってことになるんだろうなぁ~^^;wwwwwwwwwwwww

投稿: nukunuku | 2007年7月21日 (土) 午後 05時49分

普通の現代人だったら不健康そうな平安貴族よりケンカは強そうですけどねー。はは

投稿: べえし | 2007年7月21日 (土) 午後 11時14分

こんにちは^^

私のブログに(勝手に)お友達リンク集作りました^^v
いままで(1回でも)コメントくれた方々を事後承諾で、貼っちゃった^^;w
貼っててもいいですか?^^;w

投稿: nukunuku | 2007年7月22日 (日) 午前 11時51分

どうぞどうぞー。

投稿: べえし | 2007年7月23日 (月) 午前 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198893/6253970

この記事へのトラックバック一覧です: ことばおにいさん:

« バトンのふりしてアイドル応援。 | トップページ | 夜更けのスキャット。 »