« 終了(BlogPet) | トップページ | 手抜き更新。 »

早送りDVD鑑賞記。

今回は最近見たDVDをさらさらさーっとご紹介。

 

神の左手 悪魔の右手 DVD 神の左手 悪魔の右手

販売元:松竹
発売日:2006/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『Death Note』を手掛けた金子修介監督による楳図かずお漫画の映画化。もちろんホラー。まー僕にとってはそんなのどうでもよくて、愛しのかでなれおんちゃんが出演してるので借りました。五分で死亡。il||li _| ̄|○ il||li どう見ても作り物の生首を堂々と見せ付ける力技が圧巻です。

 

亀は意外と速く泳ぐ デラックス版 DVD 亀は意外と速く泳ぐ デラックス版

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上野樹里ちゃん主演。募集広告を見てスパイになった平凡な主婦の、スパイなのか何なのかよく分からないスパイ活動。1分に一つ、ひょっとしたら秒単位くらいのすごいテンポで繰り出されるシュールなギャグがツボにはまるかどうかがすべての分かれ目。ワタクシの見解を申し上げれば、シュールギャグとは常識と非常識、日常と非日常のアンビバレントな存在に対する虚無的な・・・

 

太陽 DVD 太陽

販売元:クロックワークス
発売日:2007/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロシア人監督が日本のタブー(?)昭和天皇を描いた話題作。その割には「結局何がしたかったの?」って気がしないでもなきにしもあらずの賛成の反対なのだ。昭和天皇の口癖は「あ、そう」だったそうですが、マッカーサーとの対談とか、けっこう緊張した場面でも「あ、そう」と仰るのが愉快でした。イッセー尾形の昭和天皇はかなりイイ感じ。

 

春の日のクマは好きですか? DVD 春の日のクマは好きですか?

販売元:アット エンタテインメント
発売日:2007/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『グエムル 漢江の怪物』に出ていたペ・ドゥナちゃんがカワイかったので、追っかけて見ました。『グエムル』では出番が少なかったけど、こっちでは主役。ラブコメでカワイさ炸裂です!! とにかくカワイイ子が出てれば、それでいーのだ。

 

ほえる犬は噛まない DVD ほえる犬は噛まない

販売元:タキ・コーポレーション
発売日:2004/05/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『グエムル』に出ていたペ・ドゥナちゃんが(以下略)。ちょっと風変わりなサスペンスといったところでしょうか? うっぷん溜まって犬殺しをしてしまった男とそれを何となく追いかける冴えない女の物語。これまた、とぼけた雰囲気のペ・ドゥナちゃんがカワウィ~♪ それから今風のラップを乗っけたロックって感じのエンディングテーマがカッコよかった。

 

ダンス・レボリューション DVD ダンス・レボリューション

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2006/11/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヒップホップ・ダンスに打ち込む、才能あってかわいくて、おまけに性格も良いという女性が成功を手にしてゆく、というまるで映画のような映画。小柄で華奢なジェシカ・アルバが激しくダンスする姿に(*゚∀゚)=3ムハー!

 

エミリー・ローズ(ノーカット版)デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) DVD エミリー・ローズ(ノーカット版)デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/08/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ホラー映画だと思ってましたが、敢えて言えば「悪魔の存在を信じるか?」と言う裁判映画だと思います。悪魔に取り憑かれるとか悪魔祓いの儀式とか、けっこう興味あるので僕は楽しめましたが、ホラーだと思ってみるとがっかりするかも。でも、おそらくCGなしと思われる、悪魔に憑かれたエミリー・ローズの形相は超コウェー!!

 

RIZE DVD RIZE

販売元:エイベックス・トラックス
発売日:2006/08/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アメリカのゲットーのような町から起こった、これまたヒップホップ系のダンスムーブメントのドキュメント。・・・らしい・・・。えー・・・、途中で寝てしまいました・・・

 

けっこう前に見たのもあるので、

記憶が薄れてしまっているのもありますが。

お気楽な記事ってことで。

 

と記事を書いてた今、ニュース特番やってます。

話題のあの人が仕事辞めるんだってさ! ビックリ!

いつ辞めてもいいような

テキトーでどうでもいい仕事なのね。

それなら次は1ヶ月くらいオイラにやらせてくれよ!

映画ばっかり見てて、ヒマなんだー!

|

« 終了(BlogPet) | トップページ | 手抜き更新。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

フォークってなに?

投稿: BlogPetのはっちょうぼり | 2007年9月12日 (水) 午後 03時29分

エミリー・ローズの顔、マジ凄かったね^^;
あれは実際にあった話だそうで・・・

投稿: わさぴょん | 2007年9月12日 (水) 午後 05時11分

上野樹里の声が好きです。
「亀は意外と速く泳ぐ」初めて聞きましたが、
映画でもやってましたか?
ジャンル的にはコメディ?なんでしょーか。
おミソの足りない私は、べえし殿の見解が
難しすぎて理解できませぬ。

投稿: もみじ | 2007年9月12日 (水) 午後 07時34分

>はっちょうぼりさん
“フォーク”なんて言葉は、この記事には出てきてないんですけど。
僕が知ってる“フォーク”は1.洋食の食事のときに使う道具。2.“かぐや姫”や”ボブ・ディラン”の音楽。3.野球の変化球の一つ。くらいかなー。
何の“フォーク”のことでしょう?

 *・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。:**・゜゜・*

>わさぴょんさん
おお! ご覧になってましたか! さすがですなー!!
実話が元らしいですねー。
でも、実物のエミリー・ローズが憑かれた顔より、映画のエミリーの顔のほうが、きっと怖いと思います・・・

 *・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。:**・゜゜・*

>もみじさん
上野樹里の声・・・。今まであまり意識したことがないのですが、今度気をつけて聞いてみます。
でも、とぼけた役が得意なようですね。『亀が~』でもその魅力は遺憾なく発揮されています。
そして『亀が~』は映画だと思います。でも『日曜洋画劇場』なんかで放送されることは、絶対ないでしょう。そんな映画です。
で、この映画、ジャンルはコメディーです。例えば、スパイの募集広告がやたら小さいとか、樹里ちゃんの友達(蒼井優)が岩壁の洞穴に住んでるとか、そんなとぼけたギャグが次々繰り広げられます。
吉田戦車の『伝染るんです。』のシュールギャグが好みの僕にはいまいちツボにはまりませんでした・・・

投稿: べえし | 2007年9月13日 (木) 午前 01時03分

エミリー・ローズ。CMだか映画館での予告かなんかで見たことありますが、あの顔、CGじゃないんですか!思わず「ビクッ!」ってなっちゃうような、おっそろしい形相でしたよね。これは見なくては!
あと韓国もの2本も気になるな~。この週末はビデオ三昧かしら…。

投稿: かえで | 2007年9月13日 (木) 午後 12時03分

エミリー・ローズの迫真の演技はスゴイです。引きつったような異様な動きもするんですが、それも多分自前で(笑)やってるように見えました。お顔は元々のお顔がすでに怖い、という気がしないでもありませんが。
韓国もの2本はまあまあです。敢えてお勧めはいたしませんが、韓国語の教材くらいにはなると思います・・・

投稿: べえし | 2007年9月13日 (木) 午後 09時18分

こんにちは^^
エミリーはみたよ^^v
結構面白かった^^w
宗教色強い解釈で、「なんでやねん><;w」って、1人ツッコミしながら爆笑してました^^;wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

投稿: nukunuku | 2007年9月14日 (金) 午前 12時15分

おっ、なんだか宗教に批判的なような、そうでもないような・・・
ワタクシ、けっこうあーゆーのは好きなんですよ。神様、仏様が居る、居ないは別にして、あーゆーものを信じて、儀式なんかをカチッとやるってのは、人によっては意味があるんじゃないでしょーか。まー言うまでもなく宗教が巻き起こす問題もいろいろありますが・・・
かく言う私は、墓参りに言っても手も合わせない罰当たりな男です。うほほ。

投稿: べえし | 2007年9月14日 (金) 午前 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198893/7674846

この記事へのトラックバック一覧です: 早送りDVD鑑賞記。:

» ペ・ドゥナ [大韓映画帳]
ペ・ドゥナです。韓国の人気女優です。私がこの映画初めてみたのは「頑張れグムスン」です。なんだかほんわかとしてかわいい女性だなあと思ってました。その後、韓国映画を見るたびにけっこう彼女が出てくるので人気のある女優さんだな、と思い始めました。その後「春の日のクマは好きですか」、「子猫をお願い」そして最近では「グムエル~漢江の怪物」とペ・ドゥナの映画での姿見ましたが、一番印象に残っているのが韓国アクションの最高峰「チューブ(T... [続きを読む]

受信: 2007年9月17日 (月) 午後 04時45分

« 終了(BlogPet) | トップページ | 手抜き更新。 »