« むむむしば。 | トップページ | どげんかせんといかん。 »

古き良き時代。

最近、何気なく

日本の1970年代のCDとDVDを借りてきたのですが、

ま~これがカッコいいんですわ!!

なんだかやけにアングラな雰囲気。

これが時代の空気というものなんでしょうか?

とりあえず、

今回はそのなんだかアングラなCDとDVDをご紹介♪

 

ベスト・オブ・カルメン・マキ&OZ Music ベスト・オブ・カルメン・マキ&OZ

アーティスト:カルメン・マキ&OZ
販売元:キティMME
発売日:1996/03/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

カルメン・マキさんといえば一般的に、寺山修司が作詞した『時には母のない子のように』というとても陰気なフォーク・ソングの歌手として知られていると思います。僕もそうでした。しかしその後、彼女は欧米のロックに影響を受けて、ロック歌手に転向したそうな。

「つぶやくように歌ってた人がロックを始めたって、どの程度“ロック”なのよ?」と思ってたら、聴いてビックリ、とてつもなく“ハードロック”! 気合の入った演奏に、気合いだけではない凝った曲もとても素晴らしいのですが、それも霞んでしまうカルメン・マキさんのカッコ良さ!! 叫ぶ! 吼える!

あまりに衝撃を受けた僕は翌日、近所のCD屋で購入してしまいました。CDの新品をお店で買うなんて、何年振りでしょ? まー在庫整理で半額だったからですが。

 

修羅雪姫 DVD 修羅雪姫

販売元:東宝
発売日:2004/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

釈由美子ちゃんが主役のヤツではありません。梶芽衣子さんという人が主役です。何でもタランティーノがこれに影響を受けて、『KILL BILL』でかなり露骨にマネをしているとか。僕はそんな前情報なしに、ただ何となく借りたんですけど。

時は明治。夫と息子を殺した4人組に復讐を誓った女は、そのうち一人を殺したところで警察に捕まってしまい、自らの復讐をあきらめて、それを子供に託そうと監獄の男どもとヤリまくり、その結果生まれた少女・雪。

雪は謎の坊主に預けられ、樽に放り込まれ山道を転げ落とされたり、着物を切られてスッポンポンにされたりといった、暗殺者としての恐ろしくも愉快な英才教育を受け、やがて母の無念を晴らすべく復習に向かう、といったお話。スゴイ話です。

役者さんがカッコイイですなー。後のふくよかさが想像できない故・仲谷昇さんのやさぐれオヤジっぷり、これまた後に黄門様になるとは思えない故・西村晃さんのダンディーなスパルタ坊主っぷりなど、ステキです。雪の少女時代を演じる女の子まで気合い十分。そしてなんと言っても、主役の梶芽衣子さんの凛とした美しさよ。

 

それにしても、

当時のカルメン・マキさんも梶芽衣子さんも

今の僕よりかなり年下だと思うのですが、

迫力や貫禄がスゴイです。

叱られたい。

|

« むむむしば。 | トップページ | どげんかせんといかん。 »

映画」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

すごい迫力だ・・・
それに二人とも肌がツルツル&歯がきれい~♪

投稿: わさぴょん | 2007年9月 6日 (木) 午後 05時28分

こんにちは^^
つぶやきさんが、ロックになったのね^^;wwwwwwww
でも、動きは地味だね^^;;;;wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

なんか、映像の貼り付け増えてる^^wwwwwwwwwwwwwwwww

投稿: nukunuku | 2007年9月 6日 (木) 午後 09時52分

>わさぴょんさん
「お二人とも美人だな~」とは思いましたが、肌のツルツル具合&歯のキレイさ加減までは見ませんでした。
目の付け所が違いますなー。

>nukunukuさん
そう、つぶやきシローが永ロク輔に・・・
って何だそりゃー!?
今日は奮発して画像&動画を多めに貼りましたー♪

投稿: べえし | 2007年9月 7日 (金) 午前 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198893/7736597

この記事へのトラックバック一覧です: 古き良き時代。:

« むむむしば。 | トップページ | どげんかせんといかん。 »