« 禁煙しようか。 | トップページ | 勇気を、ありがとう。 »

筋少の大解説“ひとやすみ”

NHKの『TOP RUNNER』にチャットモンチーが出てた。

カワユイ!!! 

知らんかったー。CD買おうかなー。

 

それはともかく、今日は日曜日。

『筋少の大解説』の日ですが、

先週の宣言通り?今日はお休みです。

一文字たりとも書いてませんでした。

え? 誰も待ってないって? そー言いなさんな。

やってる方は、辛いっちゃー確かに辛いが、

意外に楽しいのだ。来週は多分やります。

かと言って、

2日もブログを休んでて、なおかつ今日もネタがないので、

今日は筋肉少女帯のお話を少しだけ。

 

筋肉少女帯のインディーズ時代は

まだCDではなく、レコードの時代だったのですが、

今では筋少が当時録音した曲はほぼ全てCDになってます。

その集大成的なものがこちら。

筋肉少女帯 ナゴムコレクション Music 筋肉少女帯 ナゴムコレクション

アーティスト:筋肉少女帯
販売元:インディーズ・メーカー
発売日:2006/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これを聴いてない人はファンとしてはモグリでしょう。

そしてこれを評価しない人は

筋肉少女帯をまったく理解していないと思います。

演奏はヘタクソでも得体の知れないパワーを感じる

『マタンゴ』や『いくじなし』、

さらに、後のメタルっぽさはないけど、

演奏その他全てが素晴らしい

『外道節』『猿の左手 象牙の塔』『から笑う孤島の鬼』など、

オドロオドロしくも怪しげな筋少ワールドが堪能できます。

ぶっちゃけ日本のロック史における筋少の価値は

この中に全てあるのであって、

メジャーデビュー以降の音源はどーでもいい

って気がしないでもありません。

 

ただ、僕が知る限り唯一のCD化されてない

素人時代の筋少の曲がこちら↓。

タイトルは『ドリフター』。

いかりや長介は背が高い~♪という、

腰砕けになる出だしのこの曲、

お聞きになれば、なぜCDにならないかお分かりでしょう。

音楽としてはあんまり面白味がないと思いますが、

オーケンの男気あふれるハチャメチャ具合が感じられます。

今はどーなんでしょーねー・・・

|

« 禁煙しようか。 | トップページ | 勇気を、ありがとう。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

筋少と関係ないけど・・・
私もブログを二日以上休んだのは今回が初めてで
実際のところ「なんてラクチンだ!」と感じました。
そう「辛いっちゃ辛い、でも楽しい」ものだったんですね~。
味をしめたので、以降はこのペースで行こうかと思っている私です☆

投稿: わさぴょん | 2007年10月15日 (月) 午前 06時54分

ほぼ全て映画のレビューで毎日更新というのは、
いかにも大変そうですもんねー。
僕は最近はホントに書くことなくて困ってます。
なぜにしなくてもいいことに悩んでいるのか、
それよりも僕にはやるべきことがあると思うのですが・・・

投稿: べえし | 2007年10月15日 (月) 午後 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198893/8399112

この記事へのトラックバック一覧です: 筋少の大解説“ひとやすみ”:

« 禁煙しようか。 | トップページ | 勇気を、ありがとう。 »