« クラシックでセレブ気分。 | トップページ | KO。NE。TA。 »

汁無しラーメンとやら。

「今まで、ラーメンはスープの時代だった。

 これからのラーメンは麺の時代だ!!」

とかなんとか、

ラーメン大好き・石神さんが

テレビで熱弁を振るっているのを見たのは、

いつだったか。

その時、

ほとんどスープなしの変り種ラーメンをいろいろ紹介してました。

余談ですが、

3食ラーメンでも良いくらいラーメン好きの僕ですが、

「あんなにうるさい人と一緒にラーメン食べたくないなぁ」

と、その時思ったものでした。

 

それはともかく、

今日は初めて、その汁無しラーメンを食べてみました。

メニューの説明によると、

“汁なし”と言っても、スープが全くないわけではなく、

オリーブオイル、その他数種類の油をかけたものだとか。

その名も“九州油そば”。

「アブラソバ」という名前のインパクトが、なんだかスゴイです。

油あぶらアブラ油あぶらアブラ油あぶらアブラ・・・

 

出てきたものを見ると、まず湯気が立っている。

スープが少ないラーメンということで、冷やし中華を想像して、

冷たいのかと思ってたんですが。

お椀の中にはこんもり山になった麺に、

にんじんの千切りやカイワレ、チャーシューなんかが乗っており、

底のほうにいかにも“アブラ”な黒いギラギラ液体が少々。

 

麺の山に箸を刺し、食べようとすると、

塊がもっさり持ち上がってきた。

スープが少ないので麺がほぐれません。

麺が油まみれになるのに多少抵抗を覚えつつも、

仕方ないのでかき回して再び挑戦。

食べてみると意外とアブラギッシュな感じはしません。

 

口の中は。

 

しかし、唇にかつてない感触。

ヌトヌト、メチョメチョ感がスゴイ。

“油めん”の名に恥じないアブラ感。

アブラ感って何だ。メチョメチョ感って何だ。

とにかく油なのだ。

リップクリームをムリヤリ一本唇に塗りたくったような。

無論そんなことをしたことはないのだが、

まぁそんな感じのような、そうでもないような。

とにかく油だった。

 

食後の感想としては、

麺をズルズルーッとすすったり、

汁を飲めないのが少々心残りな気がしましたが、

それを補って余りある、あとをひく唇の感触。

恐るべし、油ソバ。

あぶら。

あぶらだこ Music あぶらだこ

アーティスト:あぶらだこ
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:1996/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« クラシックでセレブ気分。 | トップページ | KO。NE。TA。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あぶらだこ、むかし観た事あります^^;
たしか京都のライブハウスまで観に行きました。

ずっとこの名前が思い出せなくて
「えーと、ばちかぶりでもなく、ハナタラシでもなく・・・なんだっけ??」と
ずっと心の片隅で考えてたんですが
十何年来かの疑問がいま解けました!
べえしさん、ありがとう☆

油ソバ、私も一度は食べてみたいです^^

投稿: わさぴょん | 2007年11月 4日 (日) 午前 11時23分

ラーメンって、スープが命ではないかと思うですがねぇ。
どうなんでしょう。

投稿: afool | 2007年11月 4日 (日) 午後 02時31分

>わさぴょんさん
むしろ「見たことないのは何なんですか」と
聞きたくなるくらいです。
いったいどんな青春だったのでしょうか(笑)
ちなみに僕はあぶらだこのことはあんまり知りません。
たしか画像のアルバムを持ってたんだけど、
今ではもうありません。

油そば、『亀王』とか言うお店だったと思います。
そこそこチェーン店もあるような雰囲気でした。
探してみてください。

  *・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。:**・゜゜・*

>afoolさん
僕も食べながら、
「果たしてこれはラーメンなのか?」
という疑念を持ちました。
我々は「ラーメンのアイデンティティとは何か?
 ラーメンのレゾンデートルとは何か?」という命題に
真剣に向き合うべき時に来ているのかも知れません。
(↑大げさ)

投稿: べえし | 2007年11月 5日 (月) 午前 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198893/8744339

この記事へのトラックバック一覧です: 汁無しラーメンとやら。:

« クラシックでセレブ気分。 | トップページ | KO。NE。TA。 »