« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

ここではない何処かへ・・・

今朝(つっても昼前)目を覚ますと腰に異常な激痛が。

原因として思いつくのは、アレしかありません。

昨日の ヤ リ 過 ぎ ♪ (///∇//)ポッ

けっこう長いこと独り身の私でありますが、

昨日は久しぶりにそーゆー機会に恵まれまして、

コーフンしてしまったオイラはついついハッスル!

硬くて大きいイチモツでついてついてつきまくり、

最後にはベトベト、ネトネトでしたー!!

 

餅が。

 

自分で書いてて赤面しておりますが。

大晦日で早くもへべれけに酔っ払ってるってことで

大目に見てください。

 

そんなわけで昨日は数年ぶりの

我が親戚一堂がそこそこ揃った餅つき大会でして、

この腰痛はそのせいだとしか考えられません。

今はだいぶ良くなりましたが、昼過ぎまでホント痛かった!

やっぱ年のせいですかねー・・・

 

しかしアレですね、

親戚連中が集まってるとどーも照れちゃうって言うか、

イマイチ自分のポジショニングが分からなくって、

どーしていいのか分からないっていうのは僕だけでしょうか。

 

僕の親戚は、おじ・おばはもちろんのこと、

いとこなんかもけっこう僕より年上でして、

みんな僕のことを子供として見てる感じで。

実際はちょっと餅ついたくらいで腰痛になっちゃう

けっこういい年なんですけど。

そんな人たちに囲まれてると

ちょっと子供っぽくかわいく振舞ったほうがいいのかなー、

それとも下ネタの一つでも繰り出して

あだるてぃーなところを見せるべきなのか? とか、

いろいろ考えちゃって。

結局はおとなしくなっちゃうんですけど。

 

まーしょうがないんですかねー。

いとこの子供(これってなんて呼ぶんでしょ?)がいるんですが、

ちょっと前まではなたれのガキだったのに、

昨日会ったら僕よりデカイんでやんの!

それでも僕の意識の中ではやっぱり“ガキ”だもんなー。

 

しかし

僕のいたいけな少年時代を知ってる人たち(親も含む)に

囲まれるのは、やっぱどーも恥ずかしいっす。

いちいちみんなが覚えてるわけはないけど、

いろんなオイラの恥ずかしエピソードを

知ってるかもしれないんだもんなー。

いっそ僕を誰も知らない場所に行きたいのー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

しわすでごわす。

お久しぶりリアントグリーン。

または、お久しトミーフェブラリー。トミーヘブンリー?

何だって良いのですが。

 

気が付けば、しばらく更新してませんでした。

この一週間ほど、

ブログ書くに足りないほど

何の変哲もない毎日だったわけではなく、

先日の就職試験の不採用通知が届いたり、

別の会社の試験で県外まで一日がかりで出かけたり、

マイブラザーの結婚相手の親父さんが我が家に来たり、

親戚が集まって法事したり餅つきしたり、

近所の工事で電柱が傾いて家が揺れたり、

深夜のテレビで『宇宙大怪獣ギララ』なんて妙な映画見たり、

「師も走る」という師走らしく、

それ相応にせわしなくイベントがあったのですが、
(関係ないのも多いけど)

ワタクシ、

こう見えても意外とアレコレ考えてブログを書くほうでして、

いろいろあるとかえって書かなくなっちゃうことが判明しました。

 

で、

今回はそんなたくさんのイベントの中から

選りすぐりの爆笑エピソードを・・・

というわけではなくて、

しばらく書いてなかったのでとりあえず書いてみただけです。

バイバイキーン!(・・・・・・(¬o¬)

 

↑そしてなんの脈絡もなく、
 最近お気に入りのアイドルPerfumeの『ポリリズム』
 (おそらく素人さんのリミックス。スゴイ出来映えだ!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

메리 크리스마스!!

文字化けしてるかもしれませんが。

もういっちょ、

메리 크리스마스!!

 

こんなことマッタク言いたかないが、

でも浮かれ気分の世間に取り残されるのもシャクなので、

ひねくれた言い方をしてみました。

分かる人だけ「ハァ~ン・・・」と思ってください。

そして分からない人はモヤモヤしてください。

ザマーミロ。

메리 크리스마스!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

M‐1の感想なぞを偉そうにアレコレ書いてみる。

昨日はM‐1グランプリでしたねー。

お笑いブームと言われる昨今でありますが、

ワタクシ、昔からそこそこお笑いが好きでして、

M-1もけっこう見ております。

まー見ない年もあり、

去年なんかは途中で寝ちゃった気がしますが。

その程度のお笑い好きです。

 

お笑いのどこが好きかと言いますと、

人を意図的に笑わせるにはかなりの知識、常識が必要であり、

さらにはそれを覆す発想とかひらめきとかも必要で、

要するにそれなりに頭が良くないといけないが、

でもお笑いをやってるとアホっぽく見えてしまうという、

そのへんの自己犠牲というか自虐というか、

そういうのが好きなんですね。

わたくし、マゾですから。

そんなわけで、上島竜平とか出川とかふかわとか、

そういう汚れ系(失礼)の人たちもけっこう好き。

マゾっぽいでしょ。

逆に面白いことをいった後、「俺、面白いこと言っただろ!」

みたいな、いわゆる“どや顔”をする(ように僕には見える)

ぐっさんや品庄の品川さんとかますだおかだの増田さんとかは

イマイチです。マゾっぽさが足りん。

 

それはともかく、今回は昨日のM-1について

テキトーに思い付きをダラダラ語ろうと思います。

まー素人のざれ言というかたわ言というかうわ言というか、

お気楽に読んでいただければ幸いです。

 

全体としては少々小粒だったような。

常に爆笑させてくれたり、

「なんじゃこりゃ?!」みたいな

衝撃的なことをやってくれる人がいなかった気がします。

笑い飯とか初めて見たときはびっくりしたけど、

最近はイマイチ冴えないなー。

そもそもお笑いやる人が“笑い”なんて言葉を名前に入れるのは

どうかと思うんですが、どうでしょう。

僕はいまだに爆笑問題って名前には馴染めません。

どっちも嫌いじゃないけど、もうちょっと名前が良ければ、

もっと楽に人気が出た(あるいは出る)のでは。

 

なんか早くも書くのが面倒になってきた。

やっぱりオイラは時事ネタを書くのが嫌いなんだな。

でもせっかくここまで書いたから書く。

 

最後に残った3組はまー順当な感じで納得。

キングコングは今まであんまり好きじゃなかったけど、

別にハゲを見せられたからとかじゃなく、

一生懸命やってる感じが良かった。

あんまり斬新さとかはなくて、

テンションでねじ伏せてる感じがしたけど。

トータルテンボスは何年か前、初めてM-1で見たとき、

正直「つまんねー」と思ったけど、

去年、今年とずいぶん面白くなりました。(エラそーですまぬ)

とりあえず僕はいかにもイイ人そうなアフロの人がけっこう好き。

何考えてるかよく分からんボケの人も好きです。

来年は頑張れ! トータルテンボス!

と思ったら、来年はもうだめなの?

まーM-1が全てじゃないさ。気にすんなって。

 

そして優勝はサンドウィッチマン。

誰?

フラットファイヴなんて事務所も聞いたことないし。スゴイ。

やっぱり今後はテレビに出まくるんですかねー?

金髪の人、テレビに出るには

見てくれが少々やさぐれ過ぎてる気がするんですが。

黒髪の人のお顔はけっこう好みです。(なに言ってんの?おれ)

まーなんにせよ、僕に言われなくても頑張ると思うが、

とにかく頑張れ!

 

今までだと優勝に納得いかない人もいたんですが、

今回の3組は誰が勝ってもいいって感じだったなー。

当たり障りなく?キングコングが優勝かと思ってましたが、

そうならなかったのはちゃんと審査されてるって気がしましたね。

 

そういえば、オリエンタルラジオもチャレンジしたけど、

ダメだったらしいですねー。

早くから売れちゃって厳しい意見も多いみたいですが、

僕はけっこうセンスあるんじゃないかとにらんでます。

って、あんまり見たことないんですが。

まーとりあえず、

全てのお笑い芸人に、幸あれ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

働きたいマン。

お疲れ様、オレ。

今日はお久しぶりの面接でした。

一念発起してけっこうデッカイ会社の面接を受けたのですが、

いやー、さすが大企業様はいろいろと一味違いますなー。

 

まず、

適性検査と称して“箱庭”みたいなものをやりました。

箱の中のミニチュアのお庭に

好きなように人形やおもちゃを並べるっていう、

心理学でやるアレです。

実際には箱庭みたいにかさ張るものじゃありませんが、

まー似たようなモンです(詳しく書くとヤバイかもしれないので)。

こんなの初体験。

なんだか楽しくなっちゃって、

ノイバウテンやハナタラシや筋肉少女帯や人間椅子で培ってきた、

かつてのナイフみたいにトガってた頃の感性を爆発させて、

アナーキーかつ猟奇的な芸術作品を作り上げてやりました!

 

そして、なんやかんやで3時間。

ながー!

ただでさえ緊張している状態で、

さらに、窮屈なネクタイ締めて

意外に難しいテストやら適性検査やらをやってるうちに

意識がモウロウとしてしまい、

いざ面接という時には

面接官の顔が大きくなったり小さくなったり見えてきて。

箱庭でかつてのトガってた感性を呼び覚まされてた僕は

思わず爆笑!

「会社勤めの犬になんか、なれっかよ!」

そう吐き捨て、椅子から立ち上がったオレは、

ほどいたネクタイをオフィスのゴミ箱に叩き込み、

自由な大空の下へ駆け出した・・・

 

一部フィクションを交えてしまいましたが。

「これであとは結果を待つばかり」と思ってたのに、

この面接を突破しても二次面接、三次面接まであるそうです。

リッパな会社はスゴイねー。

三次面接は社長さんだって!!

うひょー! そうなると場所は東京っすか?!

旅費とか宿の手配とか、タイヘンだなー。

というのは無駄な心配でしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

冬のイメージソング (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 冬のイメージソング
「冬になると思い出す曲や歌はありますか?あれば何か教えてください。」

冬はなんだか切なく、もの悲しい季節。
そんな冬には、
美しいメロディのしっとりした曲を聴きたくなるものですね。
最近の僕はこんな曲がお気に入りです♪ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あ、間違えた。
これはドイツの土木作業員の皆さん、
じゃなくてアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンだった。
(演奏中ですよー)
ホントはこっちこっち。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あ、これは日本の解体作業員、
じゃなくてハナタラシの山塚さんでした。(ミュージシャンです)
ホントのホントはこれです。
 
「フォークみたいなしみったれた音楽なんてファックだぜ!」と
ナイフみたいに尖ってた僕も、
今ではずいぶん丸くなりました。
まぁ歌詞とかあんまり気にしてないんで、
冬は別に関係ないんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フォリナーとフレンドに。

ハロー! エブリワン。

藪からスティックでアイム・ソーリー、

ベーシ大柴です。

 

最近、メル友が出来ました。

このブログのBGMを提供してくれている

Last.fmってとこで知り合って、

そこでメールのやり取りをしてるんですが、

これがアメリカ在住のアメリカ人らしいんですわ。

 

アメリカ人の彼(残念ながら男です・・・)と日本人の僕が

どういうやり取りをするかというと、

まず、

アメリカ人の彼はほぼ日本語(全部ローマ字)でメール。

文面から察するに、

彼はそれなりに日本語に自信があるようですが、

「日本語勉強しています」なんて言うのみならず、

マッタク理解不能な箇所もチラホラ・・・。

一方のオイラはというと、辞書もロクに引かずに、

オリジナリティあふれる英語を基本に応戦します。

むこうも「なに言ってんだ?」と思っていることでしょう。

お互い、自分の語学力の実験台にしている感じです。

 

普段は無口でSHY SHY JAPANESEな(東京少年・・・)僕ですが

意外にも外国人と喋るのはけっこう好きです。

昔、レンタルビデオ屋でバイトしてた頃、

外国人の相手をすることがけっこうあったんですが、

むしろ外国人相手のほうが饒舌だったかも。

なんだか伝言ゲームみたいな遊び感覚が楽しめるって言うか。

それに「どうせ100%通じるわけないんだー」って開き直りもあり。

なんたって外国の方はフレンドリーです。

少々のことは気にせず、楽しく喋ってくれます。

言い換えればテキトー? もしくは図々しいのかも・・・

 

まーメル友って言っても、まだ4~5回やり取りしただけですが。

むこうがイヤになるまで

オイラのテキトー英語の実験台にしてやろうと思います。

そんで英語力と一緒に外国人の図々しさも身に着けよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夢うつつ。

大昔の同級生・クミちゃん(仮称)が、不慮の事故で死んだ

と聞きました。

彼女を最後に見たのは、テレビの中。

市川崑監督によるリメイク版『犬神家の一族』で

犯人役をやっているのを見たのが最後でした。

僕の知ってるクミちゃんは、シャイというか冷めてるというか、

目立つことは好まないし、

素の感情もあまり出したがらないタイプの人であり、

僕はそんな彼女に少々良くない印象を持っていたのですが、

その彼女が映画に出て、

号泣したり激怒したり、激しい演技をしているのを見たときには、

かなり不思議な思いをしたものです。

思えばクミちゃんは

感情を自由に出せる場所を見つけた途端に死んじゃったわけで、

そういうのって幸せと言うべきなのだろうか・・・

 

というような夢を見ました。

クミちゃん、勝手に殺しちゃってごめんなさい。

それにしてもこの夢、かなりムチャクチャな話です。

ついこの間、リメイク版『犬神家』を見たばっかりだろ!

犯人は富司純子だったじゃん!

富司純子がやってた役を何でオイラの同級生がやるんだ!

年が違いすぎだよ!

こんなムチャな話をすんなりと受け入れられてしまう、

夢の世界というのは恐ろしい世界です。

 

今回、さらに恐ろしかったのは、

その夢の中の記憶が、

目覚めたあともほんの少し持続していたことです。

少々ボーっとしながら、

「『犬神家』のクミちゃん、なかなか良かったよな・・・

 死んじゃったんだ・・・」

と無意味な感傷に浸っておりました。

 

僕には時々そういうことがあるのですが、

誰にでもあるのでしょうか。

たいていの場合はしばらくして、

「あれは夢だったんだ!!」と気付くのですが、

気付かないまま、

“夢の記憶”が“リアル記憶”に紛れているんじゃないか

と、時々不安になります。

 

もしかするとこのブログに書いていることは

全て夢の中の幻ばっかりかもしれません。

つーか、今現在のオイラの置かれている苦境を考えると、

全てが夢であってほしいという気がしないでもありませんが・・・

夢幻の如く 3 モンゴルの魔王編 (3) Book 夢幻の如く 3 モンゴルの魔王編 (3)

著者:本宮 ひろ志
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (6) | トラックバック (0)

肥満る(ふとる)。

『ガリレオ』風のタイトルをつけてみたのですが、

いかがでしょうか。

気分はもう福山雅治です。

今週は釈由美子ちゃんが出るっていうんで

久しぶりに『ガリレオ』を見てみたんですが、

もうちょっと福山雅治が、マッドサイエンティストっていうか、

はじけた変人キャラのほうが面白いと思うんですけどね。

やっぱ福山さんのイイ男っぷりを崩すのは難しいんですかねー。

カッコイイっていうのも罪なのね。

オイラも気をつけねば。

 

それはそうとして、

先日、長らくはいてなかったズボンをはいてみると、

やはり

 

キツイ。

 

やはり

 

・・・

 

太ってる。

 

確かに普段愛用しているジーパンもキツくなった気がしてたし、

実際体重計に乗っても体重が増えてたし、

薄々感付いてはいましたが、

あらためて実感した次第であります。

う~。

ブームが去っても、

週に1度あるかないかと言えども、

その1度も30分程度の短時間と言えども、

いまだにビリー・ブランクス隊長にはお出まし願っているのに、

それじゃーやっぱりダメなのか?!

むむう。

  

やはり

「健全なる肉体は健全なる生活に宿る」ってところでしょうか。

“健全なる生活”とはすなわち“仕事をする生活”のことだ!

仕事だ!! 

その前に就職だ!!

明日はついに履歴書を出す!

うおおぉぉぉぉ、

や・り・ま・く・る・ぞぉぉぉぉぉぉ~!!!(←分かりにくいパロディ)

鉄男〜TETSUO THE IRON MAN〜 DVD 鉄男〜TETSUO THE IRON MAN〜

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2000/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お勤めご苦労さんです。

昨日、くりぃむしちゅ~の『くりぃむナントカ』って番組で、

“ナントカ-1グランプリ”って企画をやってました。

これは簡単に説明すれば、

「お笑い芸人が何組か集まって、その面白さを競う」という、

いわば“M-1グランプリ”のパロディです。

深夜番組だし、そもそもパロディだし、

かなりゆる~い、ぐだぐだな雰囲気が漂っているのですが、

そんな中、

他の組の芸(?)を観戦(?)する出場者たちの表情が

たびたびカメラに映されるその時、

常に異様なほど厳しい表情をしているのが一人。

“トータルテンボス”のアフロの人。(↓画像の右上の人)

YAKARA! DVD YAKARA!

販売元:R and C Ltd.
発売日:2006/09/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

トータルテンボスって、M-1の決勝にも何度か出てるはずだし、

漫才師としては実力者なんでしょうが、

僕の知る限り、

テレビで見かけることはまだほとんどありません。

この人たち、現代の若者風漫才で売ってるみたいだけど、

確かオイラより年上なんだよね。

もうケッコウなお年です。

どうやら、巡ってきたチャンスをつかもうと、一生懸命なご様子。

怖い顔が映ってましたが、なかなか微笑ましかった。

今後もぜひ頑張ってほしいものですなー。

 

テレビを見るとき、こういうタレントさんの裏の顔というか、

ふっと素が出る部分というか、

そういうのを見るのが好きだ。

前もちょろっと書きましたが、

傲慢キャラでけっこう嫌われているご様子の西川史子センセイ。

僕はあの人、

意外と気さくで気弱な、イイ人なんじゃないかと思ってます。

クイズとかで大風呂敷広げてる時も、

なんだかビクビクしてる感じがするし、

カッコ悪いゴージャスなドレスを着てるのも、

ウケ狙いのサービスとしてやってるとしか思えません。

いつだったか何かの番組で、

本人とはマッタク関係のない宣伝の

でっかいパネルを一人で持たされながらも、

大勢の中でニコニコしていたのを見たときには、

「なんてイイ人なんだ!」と思わず胸キュンしてしまいました。

スカイダイビングを嫌々やらされてるのも見たことあるし、

金持ちらしいけど、全然仕事を選ばないのね・・・

そんな西川センセイが ス ・ キ ♪(///∇//)ポッ

 

お気楽そうな芸能界のお仕事も、いろいろ大変なのね。

オイラもあんまり仕事に贅沢言わず、

就職に向けて頑張らねば。

昨日は履歴書をいっぱい書き溜めたし!

今日こそはハローワークに行くぜ!

もうヤケクソだ!! ってヤケなのかよ!(/TДT)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

音に注意!!

と言ってる間にすでに音が出てるかもしれませんが。

音が出るブログパーツを付けてみたのですが、出てますか?

もし出てなかったら、今回の記事は全部ムダになるなー。

それから、「これ、うるせえよ!」って人は

このブログパーツの本体が左の下のほうにあるので、

止めるなり音量を調節するなりしてください。

 

音が出るブログ、

それって人によってはかなり迷惑なのかもしれませんが、

なんとなく憧れておりました。

でも、小川のせせらぎや小鳥のさえずりなんかじゃ

つまんないぜ!! ファッキュー!

オイラはロケンローラーだからな!(いくぢなしだけど)

と思っていたら、

けっこうロックな曲が流れるものを発見したのです。

流れている(はずの)曲は全てオイラが選曲してまして。

なるべく誰もがどこかで聴いたことがあるような

聴きやすい感じの曲を多めにして、

ごく少数の人しか楽しめないような

キテレツな曲やコワイ曲は最小限にするよう心がけました。
(けっきょく選んだのね・・・)

全部で108曲。

人間の煩悩の数にあわせました。

というのはウソで、偶然そうなりました。

今後は増えていくと思いますが。

 

選曲したと言っても、これがけっこうナゾでして、

同じ一つの楽曲が、

ある時は歌付きで、またある時はカラオケバージョンで

流れたりすることを確認しております。

ライブ音源もあるみたい。

流れる曲はランダムで、選べないみたい。

はっきり言って僕もよく分かってません。

興味ある人はブログパーツをいじってみてください。

思わぬ発見があるかも。

 

自分のブログからお気に入りの曲が流れるってことで、

おおむね気に入ってますが(ちょっと暗い曲が多い気もするが)

多少不満なことと言えば、

曲によってけっこう音量にバラつきがあること。

急にデカイ音になったりして。

それから、時々音が飛ぶ。

飛んだまま帰ってこない時もあり。

まーただでちゃんとした音源の曲がかなり聴けると思うので、

我慢してください。

「何だろうと聴きたくねぇよ!」って人も我慢してね。

ねんどろいど 初音ミク (ノンスケール ABS/PVC塗装済み可動フィギュア) Toy ねんどろいど 初音ミク (ノンスケール ABS/PVC塗装済み可動フィギュア)

販売元:グッドスマイルカンパニー
発売日:2008/03/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »