« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

BGM聴き語り。

嗚呼、気付けばブログを放ったらかしてまた1週間。

前にも言ったように、

ブログをしばらく控えめにしようと思っているのですが、

やめる気はないのです。

今回はこのブログのBGMを自分で聴いて、

流れてくる曲に合わせて

解説や感想、はたまたマッタク関係ないことなどを

お気楽に書き綴ってみようと思います。

曲が終わったら書いてる途中でもスパッと次にいって、

30分から1時間を目安に。

これなら考えなくて済むし、サクサクっと筆が進むってモンだぜ。

こらー! ブログだから筆じゃなくてキーボードとかでしょ!

だいたい今どき筆を使う人なんかいないって!

せめてシャーペンでしょ!

と、こういう↑間延びしたツッコミは良くありません。

だからなんだ。

 

1.リンダ リンダ/ ザ・ブルーハーツ

このブログのBGMは僕が選んでいるので、好きな曲なんだろうとお思いかもしれませんが、実は大して思い入れはありません。まーこういうのが入ってるのもいいかなと思って入れました。ブルーハーツ好きの人はみんなハイロウズも好きなのかなー。僕にはとても同じものには思えないのですが。

2.Land of 1000 Dances / ウィルソン・ピケット

邦題は『ダンス天国』でしたっけ。かなり古い曲ですね。平成教育予備校かなんかのテーマ曲でしたっけ。あ、もう終わっちゃった。昔の曲は短いなー。

3.レッド・ホット・ママ/パーラメント

ギターカッコイイ! パーラメントっていうのは大所帯でメンバーもあまり決まってない黒人の皆さんなんですが、初期はこの通りすごくロックな曲があるんですよねー。だんだん黒人音楽らしくなっていくんですが。「わー!」だって。なんかスゲー叫んでるよ。アツいねー。ダダッダッダッダってシンプルなリフもカッコイイ!

4.weep and mourn/イスラエル・バイブレーション

レゲエです。途中でゴチャっとなる決めフレーズがあるんですが、これがカッコイイでしょ。レゲエって今けっこうはやりだって言う、ダンスホール・レゲエとかっていう、打ち込みレゲエはさっぱり聴きませんが、昔の人力レゲエはけっこう好き。マターリしててイイですね。もう終わっちゃった。あんまり書けないなー。

5.Hou! Mamma Mia/レ・ネグレス・ヴェルト

このバンドはフランスの人たちなんですよ。歌もフランス語。あれ? 音が飛んだ。アコーディオンの音とかメロディとか、エキゾチックでいいですねー。また音が飛んだ。フランスって言うとなんかオシャレなのを連想しがちですが、あんまりオシャレっぽくないのがいいな。

6.strings of the strings of life/デリック・メイ

なんか、今までこのブログでは「ロックだ、ロックだ」って言ってきた気がしますけど、ロックらしい曲が全然かからないですね。デリック・メイさんはテクノ界の巨人です。まー僕はテクノにもそんなに詳しくなくて、この曲も「こーゆーのが入ってるとオシャレかな」と思って入れました。学生の頃、友達にテクノが好きな人がけっこういまして。クラブ(“ク”にアクセントを置かないでね)みたいなのにも時々行ってました。オサレでしょ、ふふん。しかしこの曲、盛り上がりそうでなかなかヤマが来ませんな。まーテクノなんてこんなもんでしょ。テクノも黒人音楽だと思いますが、黒人音楽を一言で言うと“終わらない音楽”ってことだと僕は思います。永遠に踊り続けるための音楽。それはアフリカの民族音楽から、ソウルやファンク、テクノまで共通してるんじゃないですかねー。しかしこの曲、長いね。あら? ビートが出てきたと思ったら、終わっちゃったよ。

7.カサブランカ・ムーン/スラップ・ハッピー

ちょっとマニアックな人たちかな? 3人組でメンバーにドイツ人とかがいたはず。演奏もドイツのプログレバンド“ファウスト”の人が参加してたとか。あんまりこの人たちについては詳しくありません。あ、もう曲が終わっちゃった。

8.Hit The Road JACK/レイ・チャールズ

これまた古い曲。オールディーズってけっこう好き。学生の頃、レンタルビデオ屋でバイトしてて、そこに50枚シリーズのオールディーズのコンピがあって、それを・・・。あ、もう終わった。じゃ、次。

9.ビデオ/インディア・アリー

ホントにロックが来ませんね。R&Bなんか聴いてるとやっぱオシャレでカッコイイでしょ。この曲はお店でナニゲに試聴して、気に入ったんでCDを買いました。いやー若い頃はCDに湯水のごとく金を使ってましたねー。最近は無職のせいもあり、ずいぶん控えてます。でも今聴くとこの曲、ちょっと単調だったかな?

10.コンピュータ・ワールド/クラフトワーク

ピュンッとかピロリンッとか、いろんなパーカッション的なピコピコ音が絡まって、ポップな曲が浮かび上がってくる、すごくカッコイイ曲だと思います。クラフトワークはテクノの神様と崇められるドイツのグループ。ライブでは人間じゃなくてメンバーに似せたロボットが演奏をするとか。いろいろ面白い伝説がある人たちらしいです。あんまり詳しくないけどけっこう好き。

11.Love マシーン/モーニング娘。

出ました! 頑張れモー娘。! 負けるなモー娘。! み・だ・ら~♪だって。中澤姉さん、あなたがいるころは良かったなー。別に今だってかわいいが、やっぱり顔になれる人がいないのかねー。高橋愛ちゃんとか、かわいいけどなー。つんくが悪いんだ!アホみたいにメンバー入れ替えするから! しかし、曲によって音量差がかなりありますね、話は変わりますけど。この曲はなんか音が小さいです。

12.セプテンバー/アース・ウィンド・アンド・ファイアー

ドゥユーリメンバー♪ ラブ・マシーンからこの曲に続くとは、なかなかイイですね。ディスコ、今昔って感じで。ミャオ♪とか言ってるよw いやーポップで楽しい曲ですなー。あんまり書けないまま、終わってしまった・・・

13.one of these days/ピンク・フロイド

やっとロックが来ました! このビミョーにエコーがかかった、シンプルなベースがカッコいいっすねー。ノイズっぽくウィンウィンいってるギターもいいなー。ピンク・フロイドっていうのはギネス記録も持っているとかいう、ロック界の大御所バンドです。若い人にはあんまり人気ないそうですが、僕はけっこう若い頃からそこそこ好きでした。

14.はなればなれ/クラムボン

女の子の気を引こうと思って、カワイイ曲も入れました。この曲はワタクシ、かなり好きなんです。ベースラインがカッコイイと思って、コピーしようと試みたこともあったなー。出来なかったけど。全体にけっこうファンキーな感じがなかなか良いかと思います。

15.リライト/アジアン・カンフー・ジェネレーション

若い人の気を引こうと思って、こんな曲も入れました。この曲、間奏のところがナンバーガールの曲を思い起こさせますよね。「ほっ」っていう所。ダブっぽくなったりして。まー最近のロックの人は何かしらナンバーガールから影響受けてるんですかね。

16.サンキュ。/ドーリムズ・カム・トゥルー

言わずと知れたドリカムです。吉田さんは歌が上手いですなー。今さら言うのもバカバカしいくらいですが。うらやましい。僕はあんまり歌を聴いてないと自分で思うんですが、そんな僕が「こいつはホントーに疑うまい!おっと、変換ミス。歌がうまい!」と思うのは、この人とあとはクリスタル・ケイさんです。ホント、あんな風に歌えたらいいですなー。

 

さて、中途半端な曲数になったところで、

今日はおしまいにしようと思います。

書いてると意外と楽しくて、やめられなくなりますね。

読んでもあんまり面白くない気がしますが。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

ゆみ子の野望。

今日はコンビニのatmnine万円引き出しに行きました。徒歩shoeで。

なぜなら明日は映画movieのオーディションがあるんですもの♪

監督さんに賄賂を渡して、pass格を目指すのよ♪

そんでもって将来は大女優になって

大っきなお家houseを建てるのさ♪

さらにマイ・ゴルフ場golfなんかも作っちゃったりして。

ゆくゆくは政治家に転身して恐怖の独裁体制を確立、

国民が暴動を起こすほどの重税を課して、

「パンが食べられないなら、ケーキcakeを食べればいいのに」

なんてメ~capricornus言を吐くの。

 

ちなみに今はヘッドフォンmusicで“ムーンライダース”を聴いてます。

鈴木慶一さんの声ってなんか苦手だわ~despair

 

ところで私は蠍座scorpiusのB型です♪

相性のイイ、ステキな殿方はいるかしら?

 

オカリナから毛が生えたぁぁぁ!!→game

こりゃー放送ban止だわ。

最後にon←これって何のマークなの~?

 

  *・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。:**・゜゜・*

 

ブログに絵文字が使えるようになりました。

それを記念して、

最初に絵文字をデタラメに打ち込み、

そのあとでムリヤリ文章をはめ込んでみました。

絵文字は面倒くさいので、今後は多分使わないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある日の就活日記。

朝6時に起床。こんなに早起きするのはいつ以来だろう。今日は電車を乗り継いで西へ行くのだ。いつ帰れるか分からないので、昨夜のうちに『ちりとてちん』と再放送の『ドラゴン桜』の録画予約もぬかりなく済ませてあるのさ。

電車の中で会社の資料を見るフリをして、女子高生の会話に聞き耳を立てる。「○○ってマジ“けーわい”じゃね?」 けーわい?! それは「空気読めない」のイニシャルを取ったという、あの“KY”っすか?! 初めて生で聞いたっす! カンドーした! ありがとう、JK。

話はいきなり飛んで、いざMS(面接)。今回は今までで初の3対3のSDMS(集団面接)。TN(隣のにいちゃん)がBB(ベラベラ)とOBT(おべんちゃら)じみたことを言うのでBBR(ビビる)。やっぱりMS(面接)ではこーゆーこと言わなくちゃイカンのかねー。負けじと多めに喋ろうと頑張ってみるが、オイラは逆に言わなくていいことを口走った気がするぜ。orz

帰ろうと駅に向かうと、「人身事故のため、××線の列車が遅れております」との構内アナウンス。そういうイヤな情報は知らせないでほしい。

夕食にラーメン屋に入る。「大盛りにしよっかなー? どーしよっかなー?」と悩んだあげくにいちおう大盛りを注文。そばに座ったふーわふわの襟付き銀色コートを着込んだ若いお姉さんは迷うことなく「大盛り+おにぎり」を頼んでいた。よくそんなに食べられますなー。のちに店員さんが迷うことなくおにぎりを僕のところに運んでくれました。

お勘定の時、レジのかわいい店員さんがやたらニッコリ微笑みかけてくれるので照れる。さらにお釣をオイラの手に触れながら渡してくれる。おっとお嬢さん、オイラに惚れちゃぁいけねえぜ。

家に帰り、録画した『ちりとてちん』を見ようとすると、なぜか砂嵐しか映っていない。『ドラゴン桜』も同じ。オイラはビデオじゃなくパソコンに録画するんですが、パソコンにテレビアンテナがつながっていなかった。普段外すことなんてないのに、なんでやー?! これは妖怪の仕業に違いない。

というのは冗談で、昨夜、履歴書やら職務経歴書やらの準備をするために、いつも机の上に鎮座しているパソコンを移動させたので、その時に外したんだろう。関係ないが、履歴書の“趣味・特技”欄に「ブログ」と書こうか、いつも悩む。面接ではおそらく感じられないであろう、積極性やバイタリティが少しは感じられるかもと思うんですが。でも将来「ブログ見せて」と言われるのはイヤなので、結局書きません。

とりあえず、なにやら不吉な1日の終わりだった・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫集会。

猫集会。 

にゃー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は記念日。

どうも。

昨日、将来を悲観して崖から飛び降りたところ、

見事に巨大岩に頭から激突!

とろろの脳髄がシャララシャカシャカと飛び散り、

そりゃーまー大騒ぎだったのですが、

偶然通りかかった顔につぎはぎのある黒尽くめのお医者さんが

よせばいいのに即席手術で治してくれました。

なぜ死なせてくれなかったのか・・・

 

それはそうと、今日は建国記念日であるばかりでなく、

僕にとっても記念日でした。

『ブログ開設から1周年をとっくに過ぎてたことに気付いた記念日』

です。

それはつまり

『無職になってから1周年』ということでもあるわけで・・・

........................il||li _| ̄|○ il||li

どおりで将来をはかなんで崖から飛び降りたりもするわけです。

 

普段は無職を自虐的に笑ったりして

のほほんとブログを書いておりますが、

それはブログの中だけのことでありまして、

はっきり言って「将来ど~なっちゃうんだろ・・・」なんて

夜も眠れない日も度々です。

っていうのは嘘ですが。

まー空恐ろしくなるのはホントです。

1年も無職で働き口はあるのでせふか。

 

ところで、1周年を少々過ぎたこのブログの今現在の記事数は

なんと300を超えています。

おまけにいったん公開した記事を削除しちゃうこともあるので、

ほぼ毎日書いてる計算になりますなー。

ブログは気晴らしにはなかなかいいのですが、

今までその気晴らしがメインになっていた気がします。

この記事も釈ちゃんがゲストの『スマスマ』を見ながら

かれこれ1時間もかかってます。

なぜこんなしょーもない記事に・・・

このままじゃイカンと思うので

最近はちょっとブログを控え目にしています。

今のところやめる気はないのですが、

1ヶ月くらい全く更新がない時は

また自殺を図って、見事成功したんだと思ってください。

Suicidal Tendencies Music Suicidal Tendencies

アーティスト:Suicidal Tendencies
販売元:Frontier
発売日:2001/02/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高いです。

高いです。
怖いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

落ちたら死にまっせ。

落ちたら死にまっせ。
写真左上に注目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

02月08日のココロ日記(BlogPet)

まさか、べえしさんが書くなんて!今日は眠れません。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

  *・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。:**・゜゜・*

オイラが牧瀬や内田有紀や乙葉ちゃんのCDを絶賛する記事を書いたのが、そんなにショックだったのかい?
あんな戯れ言を本気にするなんて、ココロはほんとにおバカさんだな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花はどこへ行った。

今回は久々にCDレビューをやるぜ!

なんだかんだ言って、

俺の心はいつだってロックしてるんだからな!

俺のハードコアなトークについて来れるか?

今回紹介するのはコイツラだぜ!

 

080128_2307  

●牧瀬里穂『P.S. RIHO』(写真左)

まずは、かつて観月、宮沢とともに3Mの一角を担った牧瀬さん。僕は今も昔も牧瀬さんが一番好きであります。ちゃんとちゃんとのあじのもとー!(←え、知らないの?・・・)

歌のほうの印象は、歌唱力に対して激甘の評価をする僕をもってしても、「天は二物を与えず」・・・。でもいいのだ! その拙さが初々しさ、カワイさをいっそう引き立てるのだ!

そして、そのカワイイ歌声を盛り立てるのはおニャン子クラブ、とんねるずなどを手掛けた秋元康/後藤次利のゴールデンコンビを中心に、小室哲哉、竹内まりや、西村由紀江といった豪華な面々。全体に切ない感じの佳曲揃いだと思います。個人的にはそこはかとなくロック魂が感じられる後藤次利の曲が好き。小室さんの曲って低音が弱くて貧弱な曲が多いって気がするのは、僕だけなんでしょうか。見た目があんなだからかなー、なんて。

それから、何と言っても素晴らしいのは、牧瀬さんの写真がいっぱい付いていることだ♪ プラケースの外にもう一つ、紙のケースが付いていて、そこに歌詞カードとは別に写真集みたいな本が付いています。カワイイ! キレイ! カッコイイ! いろんなマキセが堪能できます。オイラがなぜアイドルのCDを買うか? それは、愛しいあの子の声を聞きたいというのもちろんですが、歌詞カードについてる写真が目当てなのだ。 ごつくてデカイアイドル写真集をレジに運ぶなんて、出来ないんだもの・・・

 

●内田有紀『Nakitakunalu』 (写真中央)

アイドルはなぜアーティストや女優を目指すのでしょうか。そりゃまーそっちのほうがカッコイイし、何より芸能界で生き抜くにはそれなりに芸を身に付けないといけないのは分かりますが、だからってなぜか無愛想になったり、過去を隠したりするのはカッコ悪いと思うぞ。『お笑いマンガ道場』に出てたことを何で隠すんだ、川島なお美!!(←古い・・・)

しかし、この内田有紀ちゃんのアルバムは、そんな急激なイメージチェンジに成功してる作品だと言っていいと思います(売れなきゃ意味ないけど・・・)。それまで「内田の野望」とかなんとか言ってたノーテンキさはどこへやら、暗い曲ばかり。女性ならでは恋の悩みだとかなんだとか、ありきたりといえばありきたりですが、そんな歌を囁くように歌う有紀ちゃんの声はなかなかに心を打ちます。中でもお気に入りなのは、ズンドコしたノリがステキな4曲目『夢を見させて』でしょうか。

ただ残念な点がいくつか。わざわざ“ボーナストラック”とクレジットしてあるアルバムのラスト2曲は明らかに他の曲とカラーが異なっていて、アルバムのトータル感を壊してます。おそらくシングルとしてアルバムとは全く別に作られたものをムリヤリ突っ込んだものと思われます。まーそーゆー折衷主義は嫌いじゃないけどね。それから演奏者のクレジットが一切ないのはどーゆーことか。アーティストを目指すなら、他のアーティストにも敬意を払って欲しいものです。

そしてなにより残念なのは・・・、有紀ちゃんの写真が2つしかな~い! 気取りやがってぇぇぇぇ・・・

 

●乙葉『OtohaCD Volume2』 (写真右)

突然ですが、乙葉ちゃんのためならオレは死ぬ。それどころか、乙葉ちゃんが望むなら、ダンナの藤井隆のためにだって、喜んでオレは死のう。なぜなら、乙葉ちゃんの幸せがオレの幸せだから。それがオレの愛の形だから。

いきなりキモくなってしまって恐縮です。でも、そこまで思わせてしまうくらい、このアルバムは乙葉ちゃんのカワイさにあふれた傑作だ。この作品と比べれば、前の2作は前座に過ぎません。

とにかく乙葉ちゃんの声がカワイイ。カワイ過ぎる! 清涼感あふれる高音ボイスに少し舌足らずで不安定な歌い方・・・ 乙葉ちゅわぁぁぁ~ん、アイラ~ヴュ~!!

またキモくなってしまって恐縮です。さらには、RKこと河村隆一からむさくるしいおっさんバンド・What's Love?まで、多彩なメンツが曲を提供しているのも飽きなくて良い。特におススメはラスト2曲、アカペラで仕上げられた曲と8分近いダブ(←モワモワした音楽のこと←すげ~テキトーな説明・・・)仕立てのリミックス曲。どちらも乙葉ちゃんののびのびとした歌声が堪能できる、珠玉の名曲。いや、マジで。この2曲をこれまで何度聴いたことやら。

もちろん歌詞カードでは、タイトなワンピースのドレスでギターやらサックスやら、いろんな楽器を構える乙葉ちゃんのセクスィ~写真も堪能できます。乙葉ちゃんバンザ~イ!♪!♪ とか言って、実はオイラ、乙葉ちゃんみたいなムチムチタイプはそれほど好みじゃないんですけどね。僕は乙葉ちゃんの心を愛しているのだよ!

 

音楽が大好きで

ミュージシャンとしてデビューしたくても出来ない人もいれば、

音楽以外の活動で有名になって

ついでになぜかCDデビューしてしまう人もいる。

今回は、そんな後者と思われる人たちを(違ってたらゴメン)

集めてみました。

ま~それが続くかって言うとこれはやっぱり難しくて、

皆さん、もう数年、ヘタすりゃ十数年、新譜を出してませんね。

今回挙げた人たちは違いますが、

中には経歴から消しちゃう人もいて・・・

じゃーもっと考えてから出せばいいのに・・・

でもまーそんな音楽業界のいい加減さが僕は好きだ。

なにより、カワイイ女の子の歌声が聴けるのはいいことだ!

僕は皆さんの次回作をいつまでも待ってます!

ついでに

宮崎あおいちゃんや成海璃子ちゃんとかのCDデビュー希望!

 

↑昔の名前でも出ています。ある時は高原里絵、またある時は・・・

 今とはずいぶんキャラが違うような。まーどっちもステキだ!! 

 

誰も読みそうにない記事を長々と書いてしまった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »