« ぺるりんちょ。 | トップページ | 文化ニュース。 »

しりあがり寿のスヽメ。

そんなわけで今日は僕のお気に入りの漫画家、

しりあがり寿』(“ことぶき”と読む)さんをご紹介しましょう。

 

バファリンの半分は優しさでできているそうですが、
しりあがり寿の漫画は3分の2くらい優しさでできている。

この人、もともとアサヒだかキリンだか、
大手ビール会社で宣伝とかをやっていて、
しかもそこそこやり手だったそうで、そのせいか、
時代やその他アレコレの雰囲気やら空気やら、
そういったものを敏感に感じ取る、
かなりクールというか達観しているというか、
そういう視点が感じられます。

しかしだからと言って、
知性派ぶったり斜に構えたりすることなく、
一歩退いた視線で世の中を眺めながらも、
カミさまホトケさまイナオさまのような優しいまなざしがある、
よーな気がします。

下に並んだ本の表紙を見ても、
そんなものは一切感じられないと思いますが、
とにかくそうなのです。

 

それでは、
そんなしりあがり寿の漫画本の中から、
オイラが一押しの漫画本の中から、
さらにココログのアフィリエイトで画像が手に入ったものだけを
ご紹介しましょう。

 

ヒゲのOL薮内笹子 ヒゲのOL薮内笹子

販売元:楽天ダウンロード
楽天市場で詳細を確認する

『薮内笹子』にはいろいろとシリーズがあるんですが(『真 ~』とか『続 ~』とか)、僕のお勧めはこの何もついてない『薮内笹子』です。この本はその昔、パフィーのTV番組で紹介され、トータス松本(だったと思う)が爆笑して、その結果かなり売れたようで、今では古本屋でかなり容易に、しかも安くゲットできます・・・。
「真実の愛が見つかるまでヒゲを剃らない」と誓った、世界のナベアツのようなヒゲを生やしたOL・薮内笹子が、様々な男に惹かれ、恋破れていく物語。この作者独特の、ムチャクチャな思考回路を持った激情型登場人物のアレコレが爆笑です。
しかし、オイラがこの本を薦める理由はそれのみにあらず。
この本の後ろ半分以上を占めるオマケ漫画、『ジュリアナおやじ』が素晴らしいのです!
老いを感じ始めたバーコード頭の中間管理職が、若さと生の象徴としてジュリアナに憧れ、その中でも一際異彩を放つ”ジュリアナの金太郎女”に恋をして、熊と一緒に逃避行する・・・ と、聞くとバカバカしくて読む気がしなくなるかもしれませんが、これがなんとも切なくてイイお話なのです。
だまされたと思って一度読んでみてください。「やっぱりだまされた」と思うかもしれませんが。

 

真夜中の弥次さん喜多さん (1) (Mag comics) Book 真夜中の弥次さん喜多さん (1) (Mag comics)

著者:しりあがり 寿
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

このタイトル、なんとなく聞いたことがある人も多いはず。今をときめく?宮藤官九郎の初監督映画の原作になった漫画です。映画もそんなに悪くなかったと思ってますが、あれはあくまでクドカンの映画だったので、映画が気に入った人もそうでなかった人もぜひどうぞ。
ホモの弥次さん喜多さんが、喜多さんのヤク中を治すべく、お伊勢参りに向かう珍道中。クスリの幻覚症状なのか、それとも現実がそういうものなのか、生首のお殿様に会ったり、新幹線やベイブリッジが出てきたり、とろろ芋で口が痒くなったり、とにかくいろんなことがあり、そのお話は真意はよく分からんが寓意に富んでいる、ような気がしないでもないような。
この漫画、不幸にも掲載誌が廃刊になり、何だかんだで『弥次喜多 in DEEP』という続編もありますが、僕としてはこっちのほうがお薦め。あんまりぶっ飛び過ぎてないし、なにより全2巻で本が薄いです。(『in DEEP』はゴツイ本で全8巻)
ちなみにこの表紙、横尾忠則によるものらしいです。

 

方舟 方舟
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

ある時、しとしとと降り始めた雨は止むことがなく、やがて街を水浸しにして、全てのものを沈めてゆく。あるいはうろたえ、あるいは諦め、滅びゆく人たちを、『薮内笹子』の表紙と変わらない、どー見てもギャグ調のキタナイ絵で淡々と描きます。
けっこうしんみりしますぞよ。

 

その他にもハチャメチャギャグがスゴイ初期の作品、
『エレキな春』『夜明ケ』、

今にも死にそうな人ばかりを描いた、とっても辛気臭い漫画、
『瀕死のエッセイスト』、

頭がオカシイ人が書いたようなぶっ壊れ漫画
『ア○ス』(原文ママ)、

なんかがお薦めです。

 

ぜひ一度、お試しあれー。

|

« ぺるりんちょ。 | トップページ | 文化ニュース。 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

そういえばこの人のマンガって、ちゃんと単行本では読んだこと無いな~
たまに「ダ・ヴィンチ」って雑誌を読んでるので
ソコに連載されてる「おーい、メメント・モリ」ってのは読んだことあります。
そうそう、達観した感じ。他のもそんな感じなのか~
どれも面白そうなので、ぜひ読んでみたいですね^^

投稿: わさぴょん | 2008年4月24日 (木) 午後 05時19分

ヤジさんキタさんにそそられますね~。ホモでヤク中で珍道中でとろろ芋で口がかゆくなるって、文字だけでもワクワクします。
ぜひ読んでみたい!

でもきょうびのマンガは1000円近くもするんですね…crying
ブックオフとかに置いてないかしら…。休みの日に行ってみよ~。

投稿: かえで | 2008年4月24日 (木) 午後 08時36分

>わさぴょんさん
おお、『ダ・ヴィンチ』をお読みですか!
あの漫画は文字だけで紹介した
『瀕死のエッセイスト』の続編みたいなものです。
『瀕死の~』はあれを10倍くらい陰気にした感じです。
モノによってギャグ満載だったり哲学的だったりするので、
ぜひいろいろ読んでみてください~。

  *・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*・゜゜・*:.。..。:**・゜゜・*

>かえでさん
興味を持っていただけましたか?
多分、映画にもなったしブックオフにゴロゴロしてると思います。
でかいサイズの漫画コーナーを探してみてください。

投稿: べえし | 2008年4月25日 (金) 午前 12時19分

しりあがり寿はモノクロの4コマ(何かに連載されてました?)
を見たことはあるのですが、単行本はめっちゃ面白そうですね!!ブックオフで探して読んでみます~♪

弥次さん喜多さんはテレビでやってるのをチラ見して、知ってましたがしりあがり寿の原作とは知りませんでした~☆
これも読んでみたいです♪

投稿: Mimi | 2008年4月25日 (金) 午前 01時01分

しりあがりさんは来た仕事は全部請ける主義だそうなので、
そこらじゅうで連載してたり、イラスト描いてたりするんですよね。
4コマだと、朝日新聞? それともプレイボーイとか?

ヤジキタ、面白いですよー。

投稿: べえし | 2008年4月25日 (金) 午前 10時49分

うちが朝日なので多分朝日で見たんだと思います♪
とっても脱力感のある絵だったのでOL漫画の絵とは全然違ったような。。

投稿: Mimi | 2008年4月28日 (月) 午前 01時22分

確かに4コマの時はかなり絵がテキトーですね。
昔はパロディみたいなことをよくやっていて、
劇画調だったり少女マンガ風だったり、
いろいろ描いてたみたいです。
あくまで汚い感じの絵ですが・・・

投稿: べえし | 2008年4月28日 (月) 午後 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198893/20299891

この記事へのトラックバック一覧です: しりあがり寿のスヽメ。:

« ぺるりんちょ。 | トップページ | 文化ニュース。 »