« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

スシ喰わねぇ。

けっこうご無沙汰しておりました。

なかなか生活のペースがつかめず、

ブログが野放しになっておりました。

いつになったら落ち着いた生活が送れるのか・・・

 

 

それはそうとして、

社会人になって気付いたのですが、

我がべえし家は外食が異常に少なかったみたいです。

 

考えてみれば、我が家の外食と言えば、

子供の頃にデパートなんかでラーメン食べた他には、

年に一回あるかないかの焼肉屋くらいしか記憶にありません。
 (しかもいつも同じ店)

貧しい家庭だったのでしょうか・・・

まー田舎だったので、外食するには車を使うしかなくて、

車だと父が酒を飲めなくなるってのもあるのかもしれませんが。

 

そして、オイラも食にあんまり興味がないため、

外で食べるといえばラーメンやらうどんばかり。

ミスタードーナツやら、ケンタッキーを食したのも、

ごくごく最近の話です。

 

そんな外食経験値の少ないオイラが、

つい先日、生まれて初めて食したもの。

 

それは、

回転寿司。

  

あー、

オイラはスーパーで売ってる冷たいスシ以外は、

マッタク食べたことがなかったのだ。

会社の友人にそんな話をすると、

それじゃー食べに行こうということになり、

仕事帰りに回転寿司を食べることになりました。

 

駅の中にあるチンケな回転寿司屋に入ると、

そこは夢にまで見た、回るお寿司のパラダイス。

隣の友人やら周りの人の行動をチェックしつつ、

見よう見まねで恐る恐る回る寿司の皿を取るオレ。

しかし、寿司ネタを知らないオイラは、

悲しいかな、自分が何を食べているのか分からない。

 「何を食べているか分からない」

   =「値段が分からない」

というわけで、早くも箸が鈍る悲しいオレ。

 

「何を食べてんだか分かんないんだけど・・・」

と友人に言うと、

「○○、△△、□□、でしょ」

とオイラの皿とカウンターのネタと値段の表をを指しながら、

いとも簡単に答える友人。

なぜ、他人が食べたものまで覚えているのか?・・・

いぶかしく思いつつ、カウンターの値段表をにらみながら、

重い箸を動かす、悲しいオレ。

 

しかし、やがてその表に色分けがしてあり、

さらに皿にも(シャレではない)色の違いがあることを発見。

そうか! この色がお互いに対応してるのね!!

感動のあまり、その偉大なる発見を友人に告げると、

「さっき言ったじゃん!」

あんなのは説明したうちに入らないだろ。

せっかくオイラが自力で偉大な発見をしたのに、

そんなにあざけらなくても・・・

と寿司屋で落ち込む、悲しいオレ。

 

とまあいろいろありつつ、そろそろ店を出ようということになり、

オイラに浮かんだ疑問。

「お勘定はこの山積みの皿をレジに持っていくの?」

「違うよ!」

冷たくあしらわれ、「オアイソ」と意味不明な言葉を

カウンターのオヤジに告げる友人。

すると、そのオヤジが店員のねーちゃんを呼び、

ねーちゃんが皿を数え、それを書いた紙を手渡してくれた。

なるほど。これをレジに持って行くのね。

どーでもいいことに感動する、悲しいオレ。

 

けっきょく、初体験の回転寿司はなんだか悲しいだけであった。

なぜ、メシを食いに来てあざけられねばならないのか。

だいたいお勘定が「オアイソ」だなんて、スカしてやがるぜ。

さらには、何だかんだで1600円。

高過ぎだ。

もう2度と寿司なんか食うもんかー!!

空しい誓いを立てて暗い家路につく、悲しいオレであった・・・

 

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »