« オス心配しなかった(BlogPet) | トップページ | 声はすれども。 »

早送りDVD日記。

本日は久しぶりに映画のお話なぞを・・・

 

真・女立喰師列伝 コレクターズ・BOX (初回限定生産) [DVD] DVD 真・女立喰師列伝 コレクターズ・BOX (初回限定生産) [DVD]

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 立喰師。それは食い逃げを生業とする裏稼業。ならば「立喰師」ではなく「食逃師」と呼ぶべきでは?という疑問はさておいて、これはそんな女立喰師6人を描いた6話のオムニバスドラマ。それぞれ監督は違うが、ボスは押井守です。
 エロ、西部劇、SFなどなど、6話の内容はとにかくばっらばら。主演女優も、水野美紀、佐伯日菜子(ちょっとマニアックかもしれませんが、僕はファンです)、ひし美ゆり子(ウルトラセブンのアンヌ隊員だ!)、安藤麻吹(知らない)、藤田陽子(知らない人だけどカワイイです♪)、小倉優子(こりん星人)と、これでもかとバラエティに富んでます。
 肝心の見所は、アンヌ隊員の熟女ヌードでしょうか・・・

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション [DVD] DVD SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション [DVD]

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/02/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 スキヤキ・ウエスタン。それは和風のような西部劇のような、無国籍ガン・アクション(「女立喰師」と同じ書き出しだ・・・)。出演者は日本人なのに、みんな英語で喋る。さらに本人による日本語吹き替えが付いていて、こちらで見るとさらにワケ分かんなくなって、けっこうオモロイ。ザコキャラの名前が英語だと「イチロー」「マツイ」なのが、日本語だと「マツザカ」「クワタ」になってたりコネタも。まー特に英語でやる意味ない気もしますが。
 ハチャメチャなお話を超豪華なキャストが喜々として演じてる感じが伝わってきます。ただ、見てて面白いかというと、そうでも・・・ 全体にとっ散らかり過ぎてるような。
 イマイチ煮え切らない思いでラストを迎え、「むむう」と唸りそうになったその時、ギター、尺八、三味線がからむ斬新、かつ重厚なオケにのって朗々と歌い始めたその声は・・・なんと北島三郎だ! 映画のコジャレた雰囲気と演歌の帝王・サブちゃんのパブリック・イメージとの違和感がなんともイイ感じにマッチして、これがかなりカッコイイ。思えば、ワイルドな男気あふれる映画を狙ったであろうこの映画。しかし結局、男の中の男はサブちゃんなのだ! 我らがサブちゃんが、全てをかっさらった瞬間であった。
 ずいぶん長くなってしまった。映画としての私的見所は木村佳乃さん! 矢がザックリ刺さり、血まみれ・泥まみれ・痙攣・白目で顔面なめ回される姿に、オイラはサディスティック・エクスタスィィィ!!!(アホや)

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD] DVD クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2008/03/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 間違って睡眠薬を飲みすぎて、不幸にも精神科に入院させられた内田有紀ちゃん。「ヘンなヤツラと一緒にするなー!」と思っていたが・・・というお話。原作・監督は松尾スズキ。
 松尾スズキやクドカンの「大人計画」とか、元「有頂天」のケラとか、最近けっこう人気らしいですが、どーもオイラの肌には合わないようです。特に笑いの感覚が。シュール、アングラ、シニカル、僕好みな感じなんですけどねー。僕も年をとったってことでしょうか・・・ カナシイ・・・
 それはともかく、内田有紀ちゃんはめっちゃキレイだ!! もーそれで十分!

夕凪の街 桜の国 [DVD] DVD 夕凪の街 桜の国 [DVD]

販売元:東北新社
発売日:2008/03/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 原爆についての同名漫画が原作。この漫画はとにかくスバラシイ漫画で、どのくらいスバラシイかと言うと、僕は原作を知っていてこの映画を見たのですが、DVDをデッキに入れようとしてるときに、既に思い出して泣きそうになってしまいました。
 で、この映画はというと、こちらも悪くはないですが、原作を読んでから見ると、ちょっと残念。細かい部分をチョコチョコ足したり引いたりしたことで、ありがちな説教臭さが強くなり、さらに何より、ビミョーにテーマが小さくなってしまったような。原作の意図はもっと普遍的な、深いところにあって、しかもチャラチャラした中高生からアメリカの人まで、抵抗なく見られるものだったと思うんですけどねー。
 あと、田中麗奈ちゃん、麻生久美子さん、中越典子ちゃんのキャラ設定がちょっとアヤフヤかも(みんな好きです。監督が悪いんだ!)

 

 

ホントは他にも見た気がするんですが、

「また今度書こう」とか思ってるうちに、

何を見たかすら忘れてしまいました。

まとめて書いたほうが楽だし、

私的な記録としても便利かなーと思ってたんですが、

そうでもない気がしてきました。

 

今度からは1本ずつまめに書いてみようかなー。

次があれば・・・

|

« オス心配しなかった(BlogPet) | トップページ | 声はすれども。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

立喰師って、立ち食いうどんやとかで食べまくる人のことかと思ってました~!
それじゃーホント食逃師ですよね~★

ジャンゴの吹き替えにそんなコネタが仕込まれていたとは^^;
最初の方(タランティーノが出てるあたり)、吹き替えで観てみたらなんか違和感があったので、字幕で観たんで気付きませんでした~☆

『クワイエットルーム~』はいつも「どーしよーかな~」と思いつつまた今度にしちゃう作品^^;

松尾スズキがあんまりあわないような気がして、手が出ない(´д`)
内田有紀、初めて「そのときハートは盗まれた!」で見た時、なんてキレイな子なんだ!!と目が釘付けになりました。
あれからあんまり変わってないのもスゴイです。

『夕凪~』のマンガは、私も泣きました・・・
マンガが素晴らしすぎるので、映画は観る気になれなかったりします・・・

投稿: わさぴょん | 2009年2月 5日 (木) 午後 06時48分

>わさぴょんさん
なんで立喰師なんですかねー。
ただカッコいいからでしょうか・・・
 
「ジャンゴ」の吹き替えは、その違和感が面白かったです。
タランティーノの吹き替えは日本人みたいでしたが、
あれも本人にやらせれば良かったのに。
 
「クワイエットルーム」は僕も期待と不安が入り混じって、
ずいぶん放ったらかしでした。
内田有紀ちゃんは昔と変わってないというより、
むしろキレイになってる気がします!
 
「夕凪の国」、読んでたんですね!
あれはホントーに素晴らしかったですよねー。
まー漫画を知ってればいいんじゃないでしょうか・・・

投稿: べえし | 2009年2月 6日 (金) 午前 12時58分

こんにちは。
佐伯日菜子、知ってるよ。
『エコエコアザラク』って、黒魔術を駆使する少女が出てくる、ちょっとホラー?なドラマに出ていた子でしょう?
眼が大きくて可愛いよねぇ。
ちょっと、吉野公佳に似てるかなぁ。
私も嫌いでないよ。

小倉優子は要らんやろ。(笑)


投稿: afool | 2009年2月 6日 (金) 午後 01時41分

>afoolさん
おー、佐伯日菜子をご存知とは、お目が高い。
眼つきが独特ですよねー。
喋るとけっこう面白い人みたいだし。
 
ゆうこりんもなかなか侮れんと、最近思いますぞ。

投稿: べえし | 2009年2月 6日 (金) 午後 11時55分

この中で観たことあるのは「クワイエット・ルーム」だけです^^♪
う~ん・・・なんだかイマイチな作品でしたね~。
内田有紀ちゃんは可愛いっ!テレビ写りがあまり良くない(と私は思うのですが)のにホンモノはほんっとに可愛かったですよ~ヽ(´▽`)/
あ、なんかべえしさんと女子の好みがかぶるなぁ~(笑)佐伯日菜子さん(「静かな生活」という邦画で名演技してます♪)も藤田陽子さん(モデルさん)も好き~!

投稿: アイノワ | 2009年2月 7日 (土) 午後 10時53分

>アイノワさん
ホンモノの有紀ちゃんを見たとわ!!
うらやましー!
 
藤田陽子さん、知ってる人は知ってる人なんですねー。
(当たり前だけど)
モデルさんなんだー。
そして、「静かな生活」見たことあります。
思えば、当時は正統派美少女役が多かったけど、
最近の佐伯さんはけっこうキワドイ役が多いような・・・
まーそんな懐深いところが好きさ!

投稿: べえし | 2009年2月 8日 (日) 午前 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198893/25911913

この記事へのトラックバック一覧です: 早送りDVD日記。:

« オス心配しなかった(BlogPet) | トップページ | 声はすれども。 »