« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

叫べロック、そして笑え。

実家にいたころは

2、3日前でもライブのチケットが取れた気がするのですが、

関東では1週間前でもけっこう厳しいと知りました。

とりあえず、今回はかなり早めに動き、

つしまみれ”というバンドの10周年記念ライブに行ってきましたよ。

ついに、実質、引っ越してから初のライブだぜ。わあい。
(「実質」というのは無料の”美女木ジャンクション”を見たから)

  

つしまみれは女の子の3人組で、

大学で結成されてから10年ということなので、

実際は「女の子」というかアラサー。

あら、そー。

2、3曲やったのかと思ったら、実は1曲だった

みたいなゴチャッとした曲がお得意です。

YouTubeにもけっこう動画あります。

 

さて、今回の「バンドは水物。」と銘打たれたこのライブ、

いろんな脇役ゲストと入れ替わり立ち代り、

10年間のオリジナル曲、全43曲を全部やってしまおうという

すごい企画で、

お客もつしまみれの皆さんも、その気合はタイヘンなものでした。

いやー、とても楽しかったなー!!!

ベースのやよいちゃんとドラムのみずえちゃんの繰り出す

どこかもっさりしたズンドコグルーヴをバックに、

歌&ギターのまりちゃんが手描きの大漁旗を持って

客席の上をわっしょいわっしょい流されていくのは、

一つのマヌケなハイライト。

誰も予想しえなかったであろう、つながり不明のゲスト、

泉谷しげるとつしまみれの共演も良かったです。

そして、ラスト近くの盛り上がりはすごかった。

14時から23時までの長丁場で

みんな頭がおかしくなってたのかもしれませんが。

 

つしまみれの他にも、

芸人のダイノジがDJとエアギターを披露したり、

5曲中4曲が同じ曲というふざけたバンドとか、

ライブハウスの中に出店があったり、

手作りバンド年表とか、

楽しい趣向がいろいろ。

とまぁ、ここまで読むと多少分かるかもしれませんが、

つしまみれはけっこうイロモノ的な部分もあったりする

愉快なバンド。

歌詞もダジャレとか言葉遊び満載だし(たまに下ネタも)、

かつては奇抜な衣装でステージに上がったりしてたとか・・・

 

世の中には、

ミュージシャンたるもの、音楽をすればいいのであって、

アーティストは人付き合いが苦手なのよって感じで、

雑誌の写真ではいつも目線をはずして物憂げだったり、

日常のどーでもいいアレコレを

言葉を弄してさも意味ありげに語って、

「ワタシって感性鋭いの、だってアーティストだから!」

みたいな人とか、

ライブもフツーの大学生みたいな格好でやって、

「オイラ、ミュージシャンだけどフツーの人間です」

みたいな人とか、

いろいろとかっこいいロックバンドがいっぱいですが、

そーゆーのはダメです。

 

ロックとは初期衝動であり、エンターテインメントであるべきだ!!

ロックはちょっとカッコ悪いくらいがヨイ。

つしまみれも言うように、「バンドは水物」であり、

ロックは刹那の輝き&悪ふざけなのだ。

大口開けて、叫べ!

ヘンな事やって目立つべし!

もっとアツく!

そして、もっと笑かしてくれ!!!

Cocolog_oekaki_2009_07_08_23_37  

今回のつしまみれのライブで、特にベースのやよいちゃんに惚れました。
曲に合わせてくるくると表情を変えつつ、
かわいくステップ踏んだり、かかと落としをするように足を思いっきり蹴り上げたり、
ホントーに楽しそうなんだもの。

特に、
「マンホール」という曲でお嫁に行けないような形相でわめき倒してた時は、
最高にカッコよかったです。
そして、キャミソールからこぼれんばかりの巨乳も素敵でした。

オイラのありったけの愛をこめて、テキトーな絵を描いてみました。
絵は修正なしでザックリ描くことをモットーにしています。

ロックの恥はかき捨て。

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »