« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

もう一つの夏。

おつカメ様です。

 

突然ですが、夏といえば野球だ!

一球が流れを大きく左右するトーナメントの一発勝負、

その白球に込められた選手たちの夢と希望、

さらにはあまりに大きな郷土の期待、

様々なものが渦巻くダイヤモンドで繰り広げられる

人びとの刹那の輝きが、

夏の日差しとともに僕の胸を熱くする。

そうです!

都市対抗野球です!!!

 

そんなわけで、

同僚からタダ券を貰ったので都市対抗野球を見てきましたよ。

初めて東京ドームに行きました。

夜勤明けに、朝9時開始の試合。

朝とは言え、夏の日差しの中、20分くらい?かけて、

徒歩で、

独り。

過酷だぜ。

東京ドームに行ってみたかったんだー。

 

しかし、疲れた体に鞭打って行った甲斐あって、

意外にも楽しかったです。

見たのは、

 セガサミー(東京) 対 三菱重工広島(広島)

貰ったタダ券はセガサミーの試合が見られるヤツで、

ホントはセガサミーの試合が終わると、

球場から出ないといけなかったみたいなんですが、

ちゃっかり居座って、次の試合、

 日産自動車(横須賀) 対 JR東日本東北(仙台)

の試合もちょっと見ちゃった。

 

何が楽しかったって、

応援です!

ハッキリ言って、応援です。

野球の試合なんか、見ても分からんもんね。(元野球部だけど)

 

貰った券はセガサミーのチケットだったんですが、

セガサミーは地元・東京のチームということで

応援に来る人も多いらしく、

内野に近い、良い席は指定席になってまして、

逆に三菱のほうは遠いせいか、

内野席も自由席。

僕はセガサミー側の入り口から侵入して、

セガサミーのうちわを貰い、それをバッグに隠して、

三菱側内野席、ブラスバンドのすぐ後ろに陣取りました。

2009082211150001  

 

これが思いのほか良い場所で。

目の前ではラッパがブカブカ鳴らされ、

写真の左の外側にはドラムセットがしつらえてあって、

ドラムの音もドカドカ聴こえます。

しかも、ドラムの人はカワイイおねーさんだ!

こういう応援の曲って言うのは、

間近で聴くと気分が高揚するものですねー。

席に着く前に買っておいたウーロンハイも手伝って、

すっかり良い気分になり、

手が赤くなるほど手拍子してました。

(正当なルートで入った三菱の応援の人は
 応援で叩く風船みたいなのを持っていたのですが、
 僕は手拍子するしかありませんでした)

 

さらに写真の奥に見えるように、

ブラバンの向こうには応援団、

そしてチアガール!!(*゚∀゚)=3ムハー!

チアガールはカワユスなー。・:*:・( ̄∀ ̄ )・:*:・ウットリ

健康的な肢体、

いかなる時も絶やさない笑顔・・・

 

僕はこーゆーの、大好きなのです。

どーゆーのかと言うと、例えば、

学校や会社のかなーりお寒い集会とかで、

頑張って明るく司会をしてる女の子とか。

萌え~。

よく分かんない?

とにかくそーゆーのです。

おんなじ頑張ってても、

ヤローはどーでもいーです。(# ̄З ̄)ケッ

 

他にも、

謎のマスコットに群がる子供たちとか、

2009082210540000  

JR東日本東北の、鎧武者が登場したりする凝った応援とか、
(写真は8人に見えますが9人います。『八墓村』の落ち武者じゃないよ)

2009082214400000 

いろいろ見てて楽しかったです。

あと、試合の前や後にエール交換があって、

まー社交辞令的なものなんでしょうけど、

そういうのもなかなか爽やかで感動的でした。

 

惜しむらくは、

三菱の攻撃時間はとっても短くて、

あんまりチアガールが見られなかったことでしょうか。

チアガール、攻撃の時しか出てこないんですよね。

 

試合は、とりあえず三菱が負けちゃいました。

点差は見てません。

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

生きる希望、又はエロ。

おつカメ様です!

次のNHKの朝ドラ『ウェルかめ』のヒロイン、

僕の倉科カナちゃんがこの挨拶を流行らそうとしているそうなので、

オイラも微力ながら一役買おうと思います。

カナちゃん、流行語大賞もゲットだぜ!!

おつカメ様です!

 

最近、TSUTAYAのonlineクーポンとかいうのを活用し始めました。

携帯にメールが届いて、

そこからアクセスした画面をお店で見せると半額になったりします。

メール代やパケット料金とかかかるんでしょうが、

多分お得なんだろう。

いえい。

しかし、何でCDの半額クーポンはないのだろうか。

CDも安くしておくれ。

 

魁!!男塾 スタンダード・エディション [DVD] DVD 魁!!男塾 スタンダード・エディション [DVD]

販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2008/05/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 あの!! 『男塾』が! 実写!!
 「ワシが男塾塾長、江田島平八である!!!」の一喝で、大地が轟き、建物の窓ガラスが吹っ飛ぶ!! その後、健気にもその掃除をする塾生たち・・・ その他にも、どー見ても着ぐるみの熊と特訓したり、トートツにつじあやのが歌を歌ったり、何かと愉快な映画でした。そういうB級感が好きな方にはおススメです。宮下あきらの描くマッチョな人が照英くらいだったのが、ちょっと残念なトコロ。
 しかし、(たぶん)主役の剣桃太郎役の、坂口拓って人は誰なんだ。主役だけ見覚えがない映画というのもあんまり記憶にありません。

 

のんきな姉さん(DVD) ◆20%OFF! のんきな姉さん(DVD) ◆20%OFF!

販売元:ぐるぐる王国 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

 何だかオシャレな感じのケースと、文豪・森鴎外と演劇の人?・唐十郎(よく知りません)とエロイ漫画を描く人・山本直樹による3つのお話から題材をとったというワケ分からん感じに期待して、借りてみました。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 とりあえず監督さんは、僕が全く理解し得ない崇高な何かをストイックに追求されているようです。今後も勝手に追求してください。

 

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ [DVD] DVD 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ [DVD]

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 両親の死がきっかけで、女優目指して上京していたサトエリが、ど田舎のとある家庭に帰ってきた。彼女はチョー傲慢で、なおかつ、上京資金をためるために同級生相手に売春をやったりと、目的のためには手段を選ばない、恐ろしい女。しかし、女優としての才能は全然ナシ。そんなサトエリを迎えるのは、彼女の異母兄・永瀬正敏と、その奥さんであるチョーすっとぼけ女・永作博美、そしてサトエリの悪行をホラー漫画に仕立て上げて賞を獲り、それを村中に知らしめてしまい、サトエリにいじめられる妹。

 結局のところ、この映画で何が見せたかったのかはオイラにはよー分からんが、とりあえずサトエリの下着姿はまぶしすぎます。(*´Д`)ハァハァ すばらしースタイル! 『ONE PIECE』の実写版ができるのは彼女だけだ! 彼女はぜひ人間国宝に指定して、ついでにレッドデータブックにも載せて、遺伝子を永久保存すべきだと思います。 アイドルのイメージビデオというものを見る気が全く起きない僕としては、こういう映画はうれしい限りです。
 しかし、アイドルのイメージビデオって、なんであんなにつまんないのかね。水着はともかく、ヘンな音楽をバックに無言でアイドルが動いてるだけでは、なんともサビシイ。もっとアイドルを生かした企画は出来ないのでしょうか。例えば、アイドル水着ヒッチハイクとか。アイドル水着自衛隊入門とか! 水着ガラス工芸体験はどうだ!? かわいいアイドルが灼熱の釜と向き合い、ガラスを吹く。熱さにゆがむ顔。水着から滴る汗! こ、これはっ!! (*゚∀゚)=3ムハー! (*゚∀゚)=3ムハー! (*゚∀゚)=3ムハー!
 失礼。取り乱しました。

 何の話でしたっけ?
 そして、永作博美さんもカワイーですなー。ザックリ言うと、サトエリが妹をいじめる映画だと思うのですが、この2人だけだと悲惨で観てられない感じになるのを、永作さんがなんとかしています。むしろ僕は、キャラクターとしては永作さんに釘付けになりました。鎌を握り締めたまま、「おーい(⌒▽⌒)/」なんて手を振る、無邪気な不気味さがなんともユカイ。

 

幸福な食卓 プレミアム・エディション 幸福な食卓 プレミアム・エディション

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 僕の倉科カナちゃんのミス・マガジンにおける先代である北乃きいちゃんが主演。
 ある朝の食卓で父親が突然、「父親を辞める」と宣言。プータローに。その親父は自殺未遂の経歴がある真面目な人で、やがて大学入試を受けるとか言い出します。母親は美しすぎる石田ゆり子さんで、かつてはスゴイ優等生だったものの、愛の為に(もちろん自殺未遂の親父と)進学しなかったそうですが、旦那の自殺未遂にショックを受け、別居中。兄貴はこれまたスゴイ優等生だったが、ドロップアウトしてしまい、現在は農業を頑張っているという。そんなひとクセありつつも、人の良い家族に囲まれた北乃きいちゃん。そのきいちゃんの前に頭が良くって、金持ちの坊ちゃんでありつつも、反骨心があり、なかなか野性味の溢れる(?)転校生が現れる。イイ感じになってきたところで転校生死亡。
 ドラマティックな人生ですなー。

 とにかく、登場する主だった人がみんな、少々風変わりでクセがありながらも、イイ人です。兄貴のカノジョという、けっこうどーでもいい人(?)でさえ、ひとクセありつつもイイ人で、かな~り意味深な台詞を吐いたりするのだ。しかし、彼らのそのキャラクターの背景に何があるのかは、一切がナゾ。う~む。
 若くしてこんな人たちに囲まれて、波乱万丈な思春期を送り、オマケにカワイイきいちゃんは、やがてヘレン・ケラーかキュリー夫人のような偉人になるのだろう。そして、これまでもこれからも、何の変哲もない人生を送るオイラなんかにゃ、生きる価値などないのだろう。そんな気分になります。

 それはそれとして、主役の北乃きいちゃんはとってもカワイーheart04 愛しの転校生の口癖のマネして、「おう」とつぶやくシーンが何度もあるのですが、それがとてつもなくカワイイ。これはあだち充的世界ですなー。
 最近はかなりいろいろと活躍しているご様子の北乃きいちゃん。次はカナちゃんの番だぜ!! カナちゃんがいる限り、僕は生きてゆきます。

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

マリッジ・ブルー2。

人は見かけでけっこう判断できると思う。

だって、

アイツらなんか、一目でアホだって分かるじゃん!?

あんなのと結婚しちゃうからのりPも亜希子ちゃんも

不幸になるんだああああああああ!!!!

 

 

それはそうと、

けっこう前に、僕の弟が結婚だか入籍だかした

というのは、このブログに書いたと思います。

その時は、

いわゆる結婚式というものはなんだかんだでなかったのですが、

今さらになって、

弟が結婚式をやると言い出しました。

 

えー。(・_・ )

 

今、気になっているのは、

そこでオイラになんか喋れと言われるんじゃないか

ということです。

 

あーゆーのっていろいろ気を遣っちゃうしなー。

弟の奥さんのことなんて、オイラなんにも知らないし。

かと言って、ありきたりなお寒いスピーチもイヤだしー。

とりあえず、もしもの時に備えて、

結婚式用のスピーチを考えてみました。

 

結婚していない私が言うのもナンですが、

結婚には3つの大事な「ふくろ」が必要です。

今日はその3つの「ふくろ」について

お話させていただこうと思います。

 

まず一つ目は「大きな袋」。

「大は小を兼ねる」と申しまして、

大きな袋は何かと便利です。

 

二つめは「小さな袋」。

「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉がございます。

何でも大きな袋に詰め込めば良い

というのはどーかと思います。

 

そして三つめは「予備の袋」。

「備えあれば憂いなし」。

予備の袋を常備しておくのも重要ではないでしょうか。

 

お二人ともお幸せに。

では、

心をこめて『てんとう虫のサンバ』を歌わさせて頂きます。

 

ダメか?

とりあえず、弟の奥さんはイイ人そうなので、

まーテキトーなこと言っても大丈夫だろう。

 

むしろ、オイラが一族を破滅させる

危険分子という気がする、今日この頃です。

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »