恋愛

メランコリー、そして終わりのない悲しみ。

今日、町で美しい人とすれ違った。

 

 

すらりとした長身。

風になびく長い黒髪。

小細工が一切ない美しさ。

 

しかし、

本人はその美しさにまるで気付いていないかのように、

無造作な着こなしをして。

これがまた、カッコイイ。

特に、図らずもその長く細い脚を強調してしまったような、

ごくフツーのジーパンが良い。

 

 

 

ああ、

 

だけど、

 

 

だけど、あなたは、・・・

 

 

 

 

ぼくは、

 

いっそ、

 

 

あの人が背負ったランドセルになりたい。

 

 

心底、そう思った。

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2月14日

今日はバレンタインだったのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)