芸能・アイドル

2011年の目標とか。

再び、新しいベースが届きました。

いやー、なんたって見栄えがいいじゃないっすか!

『けいおん!!』の澪ちゃんみたいなベースなのだ。

まー澪ちゃんはJazzベースで、オイラはPrecisionだけど。

Jazzベースはつまみが4つも付いてて面倒くさそうなので、

オイラはPrecisionベースにしたんですよ(スゴイ理由だ)。

2011年はいっぱい練習して、

他人に「俺、ベース弾けるんだぜー」と

言えるようになりたいと思います。

 

幸い、時間は死ぬほどあるぜ。

なんたって、会社の方針で仕事時間が大幅に減る予定。

おかげで給料も減る予定。

お金を使わないように、お家遊びを極めたいです。

 

その為に、ではないけど、ドラムも買った。

知らなかったのですが、

これには家で音楽が作れるようなPCソフトも付いていた。

よーし、これで初音ミクちゃんの為に一曲書くかー!

とは全然思わないのですが、

これを使えばベースの練習用のトラックなんかも作れて便利かも。

と思って、先日やってみようとしたのですが、

これが全く訳が分からない…

これの勉強もしたいっすね。

今日、これのマニュアルを印刷したんですけど、

400ページ近くもあったよ…

当分は家に籠れそうです…

 

勉強といえば、お仕事の勉強もしたいなー。

お仕事って言っても、

今のお仕事じゃなくて将来のお仕事のための。

今のお仕事は、

職場の人は愉快だし仕事も楽ちんなんだけど、

さっきも言ったようにお給料がねー…

 

お仕事と言えば、

僕の釈由美子ちゃんと倉科カナちゃんは、

お仕事がとっても順調そうですね。

二人が出てるTV番組は

PCで自動的に録画しちゃう設定になってるんですけど、

最近スゴイたまってます。

当分、オイラが暇を持て余すことはなさそうです。

しかし、バラエティに出てる時の釈ちゃんのまつ毛は

ハッキリ言ってちょっと変…

今日、舘ひろしのドラマに出てた釈ちゃんは、

相変わらずカワイイのに…

誰か、何とか言ってやれ!!!

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年を振り返る。

まー年も明けたので、2010年を振り返ってみるか。

ベスト10式にレッツ・ゴー!

 

 

 

8.初音ミク

Vocaloidなるものがあると知りました。

この曲↓がいたく気に入りまして。

 

でも、個人的な好みとしては、

少し大人っぽくて、おまけに巨乳の

巡音ルカちゃんのほうが好きだニャー。

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

 

7.お勉強

今のお仕事は愉快なメンバーが多くて、

けっこうオイラの仕事っぷりも評価されている気がするのですが、

いかんせんお給料が… ということで、

将来に備えて、お勉強することにしました。

ぜんぜん進んでいないのですが…

来年はガンバロー!!!

 

6.クレジットカード

3年越しでついにクレジットカードを作りました。

今まで何度もチャレンジしたのですが、

毎度審査に落ちちゃって。

これまではけっこう高値の買い物でも、

いつもニコニコ現金払いだったのですが。

そんなカード要らずの生活と、

お仕事を転々としていたのが悪かったんですかねー?

今後はネットでいろんなウハウハなものが買えるぞー!

(*´Д`)ハァハァ

でも、最近はその嬉しさ余って、

金遣いが荒くなってます…

 

5.クラシック

いづれはチャレンジしたいと思っていた

クラシックについに手を出した。

100枚組のBOXセットを2つも購入。

1万円~2万円と安かったんですよねー。

でも、あんまり聴けてない。

今年は

生イカや臓物を客席にぶちまけたりするアホアホ・ライブの話でなく、

バッハがどーのこーのとか、

そんな知的な音楽トークを繰り広げたいと思います。

 

4.ゲゲゲ

『ゲゲゲの女房』は全部ではないけど、そこそこ見ました。

そして、水木しげるの『ゲゲゲ展』、

けっこう良かった。

まーそんだけですが。

 

3.Zebra Queen

映画は全く見ていないのですが、

ゼブラ・クイーンのCDは予約してゲットしました。
(初回盤・DVD付き)

これがカッコいいんですわ!!!

かなりヘビーローテーションでした。

 

 

2.川本真琴

真琴ちゃん復活!!! \(^o^)/バンザーイ

何年振りか忘れましたが、

これは素晴らしいっす!!!

語りたいことはいろいろあるのですが、

とりあえずみんな買え!!!

音楽の世界へようこそ Music 音楽の世界へようこそ

アーティスト:川本真琴 feat.TIGER FAKE FUR
販売元:(株)ディスクユニオン
発売日:2010/02/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

1.けいおん!!

川本真琴ちゃんと比べると、

真琴ちゃんのほうが個人的には上な気がしますが、

世間的にはとても流行っていたのでこっちを1位にしました。

長いものには、巻かれるオイラさ。

とにかく天然&天才肌?のギタリスト兼ボーカリストの平沢唯ちゃん、

TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 平沢唯 Music TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 平沢唯

アーティスト:平沢唯(豊崎愛生)
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/06/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知的でクールながらも弱点が多いベーシスト・秋山澪ちゃん、

TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 秋山澪 Music TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 秋山澪

アーティスト:秋山澪(日笠陽子)
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/06/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まじめで頑張り屋さんのギタリスト・中野梓ちゃん

TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 中野梓 Music TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 中野梓

アーティスト:中野梓(竹達彩奈)
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/08/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

が人気を分け合っているようですが、オイラは

おちゃらけているようで、しっかり者&かわいいとこもある

ドラマーの田井中律ちゃんも、

TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 田井中律 Music TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 田井中律

アーティスト:田井中律(佐藤聡美)
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/08/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

お嬢様だけど暴走キャラ、

キーボーディスト・琴吹紬(ことぶき・つむぎ)ちゃん

TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 琴吹紬 Music TVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 琴吹紬

アーティスト:琴吹紬(寿美菜子)
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/08/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

だって、みんな好きさ。

アイ・ラブ・放課後ティータイム!!!

TVアニメ「けいおん!!」エンディングテーマ NO,Thank You!(初回限定盤) Music TVアニメ「けいおん!!」エンディングテーマ NO,Thank You!(初回限定盤)

アーティスト:放課後ティータイム〔平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)〕
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2010/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

特にアニメのオープニング&エンディング曲と、

唯ちゃんと梓ちゃんの曲はかなり名曲ですぞ!!!

 

 

 

まーそんなこんなの2010年でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

電車を停める男。

いやー、メデタイ!!!

飲みなはれ! 歌いなはれ!!

以前、このブログでも取り上げた、オイラの一押しアイドル

僕の倉科カナちゃんが

NHKの朝ドラの主役に決定しました!!!

 

ほらね、言った通りでしょ。

「彼女はいずれビッグな女優になる」と!

オイラがこの予言をしたのが、ブログの記録によると2007年。

2年も前だぜ!!

どーだ、オイラのこのアイドル・ウォッチャーぶり。

キモイだろ。

 

 

話は変わって、

今日、会社帰りの電車がいつも通りに某駅に停車したところ、

おもむろに駅員さんが乗り込んできて、

開いたドアの反対、閉じたドアの脇にしゃがみこんで、

なにやら調べ始めた。

「不審物か? 爆弾? それともサリン?」

その駅員さんが不安げな乗客の視線を集める中、

しばらくすると車内アナウンスが。

「ドアに物が挟まり、ナントカカントカ・・・

 しばらくお待ちください」

 

見ると確かに、

携帯でなにやら話し込んでいる

若いサラリーマン兄チャンのバッグがドアに挟まっていた。

このドアが開いたのはひとつ前の駅なので、

おそらくそこで挟んだんだろう。

大して混んでなかったのに。

 

この兄ちゃん、

自分のバッグがドアに挟まってることに、

いつ気が付いたんだろう。

多分、駅員が入ってきても、

しばらく気付いてなかったんじゃないだろうか。

 

その車両中の視線を集める駅員、そして兄ちゃん。

やがて、

応援の駅員がさらに3人ほど乗り込んできたところで、

ドアがチョロッと開き、

その兄ちゃんのバッグは救出されました。

 

携帯を耳に当てたまま、

「スミマセン、スミマセン、スミマセン」と

そこらじゅうに謝り散らかしながら、

そそくさと電車を降りていった兄ちゃん。

彼の目的地が果たしてその駅だったのか、

誰も知らない・・・

 

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (1)

さらば、アレコレ。

前回、まるでこれが最後のような書き方をしましたが、

まだ人間は引越してないので、また更新しちゃいます。

 

いや~いざ引越しするとなると、

これまでなんとも思ってなかったいろんなものが

なんとなく名残惜しく感じられる今日この頃であります。

例えばそれは、

窓から見える葬式の人だかり、

高らかに鳴らされる霊柩車のクラクション・・・

 

ってそんなものはもちろんどーでもいいんですけど。

思えば小さい頃は、

夏になると山でカブトムシやセミを毎日のように捕まえ、

また海水浴にも30分足らずで行くことができ、

冬には氷が張った川面を歩いてスリルを味わい、

自然に囲まれた良い場所でありました。

大人になったらなったで、

最近は山から景色を眺めたり、

汚い藻だらけの海を探索したりと、

また新たな楽しみも見つけたのに。

そんなのどかな環境ともお別れです。
(むこうがどうなのかよく分からないんですが)

 

それに引っ越すと魚住咲恵ちゃんにも会えなくなるなー。

あー、魚住ちゃんっていうのは、

僕が将来結婚を誓っていたローカルアナウンサーです。

ごめんよ、魚住ちゃん。

やっぱり僕はテレ朝の大木優紀アナと結婚することにするよ。

 

他にも、

引越し先にはウォシュレットとかないんだろーなー

とか、

風呂も狭いんだろーなー

とか。

とにかく、いろいろ名残惜しいです。

 

しかし!

オイラは行かねばならぬ!

さようなら、山よ! 川よ! そして海よ!

さようなら、“OH!くん”! グッズ買ったよ!)

さようなら、アレすけ! 日記がかなりカワイイぞ!)

でもスパーキーななちゃんはどーでもいい。

 

 

 

今回もまるで最後のような書き方ですが、

まだ引越しません・・・

 

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

花はどこへ行った。

今回は久々にCDレビューをやるぜ!

なんだかんだ言って、

俺の心はいつだってロックしてるんだからな!

俺のハードコアなトークについて来れるか?

今回紹介するのはコイツラだぜ!

 

080128_2307  

●牧瀬里穂『P.S. RIHO』(写真左)

まずは、かつて観月、宮沢とともに3Mの一角を担った牧瀬さん。僕は今も昔も牧瀬さんが一番好きであります。ちゃんとちゃんとのあじのもとー!(←え、知らないの?・・・)

歌のほうの印象は、歌唱力に対して激甘の評価をする僕をもってしても、「天は二物を与えず」・・・。でもいいのだ! その拙さが初々しさ、カワイさをいっそう引き立てるのだ!

そして、そのカワイイ歌声を盛り立てるのはおニャン子クラブ、とんねるずなどを手掛けた秋元康/後藤次利のゴールデンコンビを中心に、小室哲哉、竹内まりや、西村由紀江といった豪華な面々。全体に切ない感じの佳曲揃いだと思います。個人的にはそこはかとなくロック魂が感じられる後藤次利の曲が好き。小室さんの曲って低音が弱くて貧弱な曲が多いって気がするのは、僕だけなんでしょうか。見た目があんなだからかなー、なんて。

それから、何と言っても素晴らしいのは、牧瀬さんの写真がいっぱい付いていることだ♪ プラケースの外にもう一つ、紙のケースが付いていて、そこに歌詞カードとは別に写真集みたいな本が付いています。カワイイ! キレイ! カッコイイ! いろんなマキセが堪能できます。オイラがなぜアイドルのCDを買うか? それは、愛しいあの子の声を聞きたいというのもちろんですが、歌詞カードについてる写真が目当てなのだ。 ごつくてデカイアイドル写真集をレジに運ぶなんて、出来ないんだもの・・・

 

●内田有紀『Nakitakunalu』 (写真中央)

アイドルはなぜアーティストや女優を目指すのでしょうか。そりゃまーそっちのほうがカッコイイし、何より芸能界で生き抜くにはそれなりに芸を身に付けないといけないのは分かりますが、だからってなぜか無愛想になったり、過去を隠したりするのはカッコ悪いと思うぞ。『お笑いマンガ道場』に出てたことを何で隠すんだ、川島なお美!!(←古い・・・)

しかし、この内田有紀ちゃんのアルバムは、そんな急激なイメージチェンジに成功してる作品だと言っていいと思います(売れなきゃ意味ないけど・・・)。それまで「内田の野望」とかなんとか言ってたノーテンキさはどこへやら、暗い曲ばかり。女性ならでは恋の悩みだとかなんだとか、ありきたりといえばありきたりですが、そんな歌を囁くように歌う有紀ちゃんの声はなかなかに心を打ちます。中でもお気に入りなのは、ズンドコしたノリがステキな4曲目『夢を見させて』でしょうか。

ただ残念な点がいくつか。わざわざ“ボーナストラック”とクレジットしてあるアルバムのラスト2曲は明らかに他の曲とカラーが異なっていて、アルバムのトータル感を壊してます。おそらくシングルとしてアルバムとは全く別に作られたものをムリヤリ突っ込んだものと思われます。まーそーゆー折衷主義は嫌いじゃないけどね。それから演奏者のクレジットが一切ないのはどーゆーことか。アーティストを目指すなら、他のアーティストにも敬意を払って欲しいものです。

そしてなにより残念なのは・・・、有紀ちゃんの写真が2つしかな~い! 気取りやがってぇぇぇぇ・・・

 

●乙葉『OtohaCD Volume2』 (写真右)

突然ですが、乙葉ちゃんのためならオレは死ぬ。それどころか、乙葉ちゃんが望むなら、ダンナの藤井隆のためにだって、喜んでオレは死のう。なぜなら、乙葉ちゃんの幸せがオレの幸せだから。それがオレの愛の形だから。

いきなりキモくなってしまって恐縮です。でも、そこまで思わせてしまうくらい、このアルバムは乙葉ちゃんのカワイさにあふれた傑作だ。この作品と比べれば、前の2作は前座に過ぎません。

とにかく乙葉ちゃんの声がカワイイ。カワイ過ぎる! 清涼感あふれる高音ボイスに少し舌足らずで不安定な歌い方・・・ 乙葉ちゅわぁぁぁ~ん、アイラ~ヴュ~!!

またキモくなってしまって恐縮です。さらには、RKこと河村隆一からむさくるしいおっさんバンド・What's Love?まで、多彩なメンツが曲を提供しているのも飽きなくて良い。特におススメはラスト2曲、アカペラで仕上げられた曲と8分近いダブ(←モワモワした音楽のこと←すげ~テキトーな説明・・・)仕立てのリミックス曲。どちらも乙葉ちゃんののびのびとした歌声が堪能できる、珠玉の名曲。いや、マジで。この2曲をこれまで何度聴いたことやら。

もちろん歌詞カードでは、タイトなワンピースのドレスでギターやらサックスやら、いろんな楽器を構える乙葉ちゃんのセクスィ~写真も堪能できます。乙葉ちゃんバンザ~イ!♪!♪ とか言って、実はオイラ、乙葉ちゃんみたいなムチムチタイプはそれほど好みじゃないんですけどね。僕は乙葉ちゃんの心を愛しているのだよ!

 

音楽が大好きで

ミュージシャンとしてデビューしたくても出来ない人もいれば、

音楽以外の活動で有名になって

ついでになぜかCDデビューしてしまう人もいる。

今回は、そんな後者と思われる人たちを(違ってたらゴメン)

集めてみました。

ま~それが続くかって言うとこれはやっぱり難しくて、

皆さん、もう数年、ヘタすりゃ十数年、新譜を出してませんね。

今回挙げた人たちは違いますが、

中には経歴から消しちゃう人もいて・・・

じゃーもっと考えてから出せばいいのに・・・

でもまーそんな音楽業界のいい加減さが僕は好きだ。

なにより、カワイイ女の子の歌声が聴けるのはいいことだ!

僕は皆さんの次回作をいつまでも待ってます!

ついでに

宮崎あおいちゃんや成海璃子ちゃんとかのCDデビュー希望!

 

↑昔の名前でも出ています。ある時は高原里絵、またある時は・・・

 今とはずいぶんキャラが違うような。まーどっちもステキだ!! 

 

誰も読みそうにない記事を長々と書いてしまった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しいツーショット。

珍しいツーショット。
緒形拳とあゆ(多分)。
再放送の2時間ドラマより。
ポケベルとか使ってたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年いろいろランキング。

そもそもこのブログを始めた頃には、

友達いなくて語る相手のいないサビシイ僕が

好きな音楽やその他いろいろを独り語りするブログにしよう

という目論見がありました。

結果はご覧の通り、全然そうなってないんですが。

 

そこで今回は初心を取り戻しまして、

音楽や漫画なんかのベスト3のランキングを作って

昨年を振り返ろうと思います。

雑誌なんかじゃ年末にやるものなのかもしれませんけどね。

まーいーじゃないか。

 

音楽の部

1.PLAY(DVD付) 安室奈美恵『PLAY』(DVD付き)

2.ポリリズム  Perfume『ポリリズム』(シングル、DVD付き)

3.脳みそショートケーキ つしまみれ『脳みそショートケーキ』

清水国明ばりにブックオフのヘビーユーザーである僕は、そもそも新譜のCDを滅多に買いません。だから2007年に出たCDだけから選ぶのはかなり厳しい。じゃあやるな。そんな中、2007年に発売され、年内に聴いたのはこの3枚のみだと思います。
1.の安室ちゃんは曲ももちろんカッコよく、さらにDVDの動く姿もステキでした。彼女の専業主夫になりたいです。
2.のPerfumeも曲が良くて、なおかつDVDがとってもかわいかった♪ 今風のシャキーン!としたダンスじゃなく、昔のアイドルみたいな、ラッキー池田が振り付けしたような踊りがとってもキュゥゥゥト!萌え~♪ ちなみにレンタルです・・・
3.のつしまみれ。前作のプログレっぽいワケ分からん感じがなくなったのはちょっと残念だったなー。でもボーカルがとってもかわいいので良い。DVDが付いてなかったので3位ってことで。
旧譜も含めると、ラテンとか民族音楽とか、そういうのをよく聴いた気がします。最近じゃ家でもiTunesでごちゃ混ぜにして聴くことが多くて、アルバムを通して聴くことがすっかりなくなっちゃいましたねー。これって良いのか悪いのか。

 

映画の部

1.ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション  ゲゲゲの鬼太郎

2.3. 該当なし

10数年ぶりに映画館に行きました。じゃあやるなって。しかも10数年ぶりに観た映画がなぜこれなのか。とりあえず田中麗奈ちゃんがかわいいことに気が付いたのが収穫でした。

 

漫画の部

最近の漫画、全く読んでません。全然ダメじゃん。昔の漫画だと高野文子って人のやつとか、よく読みましたけど。

 

テレビの部(バラエティの部)

1.環境野郎Dチーム vol.1 環境野郎Dチーム

2.ネプ理科

3. あらびき団

バラエティはやっぱり夜中の番組が面白いですねー。ネプ理科が突然終わっちゃったのはショックでした。

 

テレビの部(ドラマ編)

1.のだめカンタービレ

2.ハゲタカ DVD-BOX  ハゲタカ

3.生徒諸君!、暴れん坊ママ

1.はあんまり馴染みのないクラシックが題材で面白かったっす。選曲もなかなか渋い感じで、内容のワリには硬派な感じが良かった。今年正月のスペシャル版はちょっとはしゃぎすぎな気もしましたが。
2.は渋くてカッコよかったなー。あとはもう少しお色気があれば。
3.のドラマではそれぞれ、内山理名ちゃんの苦悶の表情と上戸彩ちゃんのTシャツの胸のふくらみが・・・

 

女優の部

1.妃乃ひかり

2.峰なゆか

3.鮎川なお

え? こんな女優知らないって? まー女優さんにもいろいろジャンルがあるのだよ・・・

 

私生活の部

1.無職になった。

2.無職のままだった。

3.母入院、弟結婚。

最後は私事でありますが。世の中には会社でハブにされて、独りで部屋に閉じ込められたり草刈りみたいな雑用ばっかりやらされて、会社を訴えたりする人もいるそうですが、僕ならきっと平気だと思います。怠け癖が付いてしまいました。ヤヴァイよ、オレ! どうなる? オレ! 
3.はもっと大ごとになるかと思いましたが、終わってみればどーってことなかったです。

 

来年の今頃、

また2008年を振り返るときには(ブログが続いてればの話)

私生活の重大ニュースは「就職!」

と書きたいものですなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の新番組をザッピング。(ドラマ編)

10月ももう終わりだぜ!

秋の新番組が出揃ったぜ!

いやっほぉ~い!!!(無意味なハイテンション)

 

夏のドラマは全く見なかった僕ですが、

この秋に始まったドラマはけっこう見てます。今のところ。

こんなにテレビを見られるのも、無職の特権ですな。

早く今の生活から抜け出さねば。

まー見てしまったものはしょうがないので、

今回はその秋ドラマの一言レビューなどを。

と言っても、パソコンいじりながらとか、

常に別の何かをしながら見ているので、

大した感想ではありません。

適当に読んでください。

うーほほぉ~いっ!!!(ウザイよ)

 

『ちりとてちん』(NHK・月~土・08:15)

貫地谷しほりちゃんが一念発起して落語家を目指す!予定らしいです。今のところ、そのそぶりはありませんが。朝ドラというと、マジメで明るくて爽やかで一生懸命で、おまけにカワイイという、ありえないくらいの素晴らしい女の子が主役のことが多く、僕は少々苦手なのですが、今回はネガティブで冴えなくてマヌケな主人公という設定で、コメディタッチのいい感じ。開始当初はギャグがスベリ気味な気がしましたが、最近は笑えます。

『ガリレオ』(フジ・月・21:00)

月9です!福山雅治です!柴咲コウです! 女刑事の柴咲が、超常現象が絡んでいると思われる事件を科学者の福山に持ち込み、科学の力で見事に解決!という、『trick』の手品を科学に置き換えたような話? 個人的には、『trick』のようなコメディにいくのか、人情重視のシリアスものにするのか、はっきりしたほうが良い気がします。

『暴れん坊ママ』(フジ・火・21:00)

上戸彩ちゃんがバツイチの大泉洋と結婚するも、なんと大泉は連れ子が。図らずもいきなり母になった彩ちゃんはその子や幼稚園のセレブ母ちゃんたちと、日々格闘するハメに。威勢のイイ母ちゃんを演じる上戸彩ちゃんが、とにかくカワイイ! こんなカワイイ奥さんとケンカしてしまう大泉洋には、殺意すら覚えます。

『有閑倶楽部』(日テレ・日・22:00)

“有閑倶楽部”を名乗るセレブ高校生6人組が巻き起こす愉快な騒動。かなり好みが分かれそうな、ハイテンションのどたばたコメディ。それはともかく、キタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!! 有閑倶楽部の髪が一番短い女の子、めっちゃカワイイ!! 美波ちゃんって言うのかー。_φ(◎◎ヘ)メモメモ で、有閑倶楽部の黒髪の男の子、この人ってカッコイイの? まー誰だっていいけど。(´ 3`)もへーん

『働きマン』(日テレ・水・22:00)

菅野美穂ちゃん演じる、働く女性の悩みやら葛藤やらその他何だかんだ。菅野ちゃんがカメラ目線で呟いたり、吹っ切れると「働きマンに変身」なんて言うのが、見ててこっ恥ずかしくなりました。日テレのドラマって、なんか面白くないってイメージがあるんですよね。そもそもあんまり見たことないんだが。m(_ _)mあいすみません。さらに原作の安野モヨコに良いイメージがない。まったく読んだことないのだが。m(_ _)mあいすみません。「じゃあ見るなよ」って話ですが、愛しの釈由美子ちゃんが出るので第2回だけ見たのです。m(_ _)mかさねがさね申し訳ありません。

『ジョシデカ!』(TBS・木・22:00)

ダメな新人刑事・仲間由紀恵さんと、やり手のベテラン刑事・泉ピン子が(なぜかこっちは呼び捨て)、ケンカしながら事件を解決。毎回ひとつの事件を解決しつつ、謎めいた大きな事件も少しずつ見えてくる、ってな構成に惹かれます。それにしても、仲間さんに「『サンドイッチファックde潮吹き倶楽部』? “サンドイッチファック”ってなんですか?」なんてセリフを言わすとは。仲間さん、サンドイッチファックって言うのはねー・・・(/TДT)/やめんか!

『モップガール』(テレ朝・深夜)

この番組、僕の住む地方では少し遅れて放送されてるらしい。僕は第1回しか見てません。死体のお片付けという特殊な職業のお姉さんが、なぜか過去にタイムスリップしたりたりして、死ぬはずだった人を助けたりするらしい。谷原章介さんが出てます。この人、大河ドラマにバラエティーの司会にNHK中国語会話、そして深夜ドラマと何でもやりますなー。その気取らない仕事ぶりには、男ながら憧れてしまいます。

 

そんなわけで今後の僕の視聴予定は、

・ゼッタイ見る!・・・ちりとてちん

・おそらく見る。・・・暴れん坊ママ、ジョシデカ

・しばらく様子見。・・・有閑倶楽部、モップガール

・ヒマなら見る。・・・ガリレオ

・さらばじゃ!・・・働きマン

と言ったところでしょうか。どんなわけだよ。

結局、好きな女優さんが出てるかどうかが

ほとんどの決め手ですが。

あっ、菅野美穂ちゃんは好きですけどね。

長澤まさみちゃんや相武紗季ちゃんも気になるのですが、

何となく見てません。

許せ、愛しき人たちよ。

NHKDVD とっさの中国語 DVDBOX DVD NHKDVD とっさの中国語 DVDBOX

販売元:NHKエンタープライズ
発売日:2007/10/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の俳句大会 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 秋の俳句大会
「秋にちなんで、みんなで俳句を一句詠んでみませんか?」

ほととぎす 鳴いてしまえ そして殺せ
 
と今日の『うたばん』でスザンヌちゃんが詠んでました。
ま、実際はスザンヌちゃんが詠んだわけじゃなく、
「織田さん(織田信長)が詠んだのはこうでしたっけ?」
とか言いながら、
スザンヌちゃんの口から飛び出したのが
この句(?)だったんですが。
 
かわいいなー、スザンヌちゃん。・:*:・( ̄∀ ̄ )・:*:・ウットリ
あー、オイラもホトトギスになって
スザンヌちゃんに殺されたいぜ。
 
あ、
今日のテーマは秋の俳句でしたっけ。
では一句。 
 
秋まみれ 愛しいあの娘は スザンヌちゃんなのだ ニャンニャン♪ (字余り)
 
恋のヘキサゴン Music 恋のヘキサゴン

販売元:R and C Ltd.
発売日:2007/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

似顔絵描いてみました。

けっこう上手く描けたと思うのですが。

まさに自画自賛。

Photo_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)